スマホ対応ホームページだけじゃないWebマーケティングHPをCMS&レスポンシブデザインで作成致

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

スマホ対応ホームページだけじゃないWebマーケティングHPをCMS&レスポンシブデザインで作成致

スマホ対応ホームページだけじゃないWebマーケティングHPをCMS&レスポンシブデザインで作成致

「あなたの最初のベネフット」
➡ あなたがWebサイトをお持ちなら、あなたのURLを添えて、以下、お問い合わせ下さい。

http://xn--yck7ccu3lc7455c30ebuyp7ir58chkekp3l.net/otoiawase/

あなたの現在のWebサイトを無料で診断させていただきます。

「特徴」
1.単なるホームページ制作ではなく、Webマーケティングに特化したレスポンシブデザインのCMS(コンテンツ マネジメント システム)を使いホームページを構築することで、パソコンだけでなくスマホにも最適な表示性・操作性を提供するホームページです(もちろんタブレットにも対応)

2.このWebマーケティングCMSはRWCと呼ばれるもので、WorePressの様に常に脆弱性(セキュリティホール)に晒されることがなく、安心して使い続けることができます。

3.正直に申し上げますが、このCMSを使うことによるメリット(あなたのベネフィット)を確保する為に、必要な制約事項があります。それはあなたのホームページの運用を専用サーバーに移して戴く必要があるということです。(多くのホームページは自社サーバーでの運用ではなく、どこかの外部サーバーをお使いのことと思いますが、その外部サーバーでの運用を、私たちが管理する専用サーバーに移す必要があるということです)従いまして、自社サーバーでのこのシステムは運用できないということです。

4.専用サーバーでの運用は、レスポンシブデザイン(レスポンシブウェブデザイン)の弱点でもある表示速度の遅延が発生(デバイス(パソコン、スマホ、タブレット)毎の切り替えで最適表示をさせる為)が、ございますが、このWebマーケティングCMSに最適化された専用サーバーでこの遅延をカバーし優れた応答速度をご提供しています。

「あなたのベネフィット」
✔ これ1つで、スマホ、パソコン、タブレットに最適対応
✔ セキュリティ対策も、専用CMSと専用サーバーで確立

✔ Googleが実施しようとしているモバイル ファースト インデックス(※)にも対応
  ※簡単に言うと、Google検索のインデックス順位付けを「スマホ用サイトの出来具合」だけで行う(パソコン用サイトしか持っていない所は、検索順位の下落・圏外となる可能性が大となります)

✔ 大幅な修正でない限りご自分でワープロ操作感覚のページの修正・変更ができます
  (専用CMSでの制作だから。)
 (更に教育を受けて戴くと、サイト自体のメンテナンスも外部に委託する事無く可能となります。)

✔ お問い合わせページは入力しやすい様に最適化され〒入力で住所自動変換を行います

✔ あなたのお客さん達は、スマホのどのページに居てもすぐに電話できます(利便性の確保)

✔ もちろん、レスポンシブ ウェブ デザイン 対応です
✔ マーケティングに強いCMSコンテンツ マネジメント システムです

✔ Webサイトは24時間いつでもあなたの強いミカタです。

✔ あなたのブログから簡単にSNSに連絡・連携ができます(コンテンツの拡散で集客に役立つ)


✔ スマホでも簡単にあなたにメールできます(最適化(EFO)されたメールフォーム)

✔ スマホからGoogleマップであなたのお客様をご案内(お客様の利便性を確保)

✔ YouTubeサイトに離脱することなく、あなたのサイトでYouTube動画を再生します。(動画マーケティングを支援)

✔ ITの現場で30数年、多くの業種のシステム化をご支援してきたIT有資格者がサポートします。


こんな方におすすめです

  • スマホにも最適化されたホームページが欲しいあなた
  • ちまたにあるスマホ対応サイトに飽き足らないあなた
  • 電話のお問い合わせが多い地域ビジネスのあなた

商品・サービスのポイント

  • これひとつでスマホ・パソコン・タブレットOKのWebサイト
  • Googleモバイル ファースト インデックス対応済み
  • ページのどこからでも、どのぺーじにいても、スマホからは、すぐに電話できる

合同会社 アルファ・ITCの担当者よりメッセージ

ここは、他社を批判する目的ではなく、安易にWordPressを使うことへの警鐘をならす目的で記載しています。

「他社との違い」
1.日本のホームページにおけるCMSのシェアはWordPressが81.5%(※01 W3c調査、※02海外では27.5%)と圧倒的ですが、WordPressには常に脆弱性を突いたセキュリティ事故が発生しています(※03 バージョン4.7と4.7.1は155万ものサイトが改ざんされた)

※01.  https://w3techs.com/technologies/overview/content_management/all
※02. https://w3techs.com/technologies/segmentation/cl-ja-/content_management
※03. IPA(※独立行政法人情報推進機構)やJPCERTコーディネーションセンター(※一般社団法人)から警告・勧告がでています

https://www.jpcert.or.jp/at/2017/at170006.html
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170206-wordpress.html
155万を超えるWebサイトが攻撃され改ざんされ被害を受けた(米Feedjit報告 2017/02)
 https://www.wordfence.com/blog/2017/02/rest-api-exploit-feeding-frenzy-deface-wordpress-sites/

しかも、WordPressの脆弱性を突いた事故(セキュリティ インシデント)は、これだけじゃありません。多くの100を超すバージョンがあり、これらは更新される事無く脆弱性を抱えたまま現役で運用されています。

WordPressをつかったホームページは、定期保守契約が必須のものとなりますが、保守契約がなされてなく、フィッシング サイトへの誘導が組み込まれ改ざんされたサイトが筆者の知る限りでも7サイトもありました。

私もWordPressを使ったWebサイトを1つ持っていますが、
常に自動更新をし、管理のできないAPI(※)やPlugin(※)などは使わない様にしています。

ご自分で、これらをメンテナンス・管理できない人は、WordPressはお勧めしません。
もちろん、ホームページ制作会社に依頼する場合でもWordPressはお勧めしません。
理由は、WordPressのバージョンアップは有償である場合が多く、十分な説明がないなどの理由(多くは専門用語だらけの説明)から理解されていない(これからも)からです。

なぜ、WordPressがこれほど好まれているのか、
「手軽に綺麗なWebサイトを作ることが出来ること」に尽きます。

なぜ脆弱性の指摘が後を絶たないのかは、攻撃側のメリット・影響範囲が大きいからです。

WordPressがオープンソースであるがゆえの宿命
同時並行的に複数のプロジェクトで複数のバージョンが開発されているが為の宿命とも言えるものだからです。

WordPressは脆弱性がいっぱい稼働中のバージョンは4.7.*だけじゃないことを

多くのサイトオーナーはご存知ない。
http://xn--yck7ccu3lc7455c30ebuyp7ir58chkekp3l.net/blog/risk-hedge-20170223/

以下のWordPressバージョンは更新が必要です。
脆弱性が発見された場合に、どのバージョンにどの様な対応かが直ぐにはわからないし、対応バージョンも複数開発しそれぞれのバージョンに及ばせる必要があるのです。(2016年6月の脆弱性対応は、
① 2.6~2.9.2までと、3.0~3.6.1までには、全く異なる№の4.5.3が
② 3.7~3.7.14の脆弱性対応には、シリーズ№の3.7.15が
③ 3.8~3.8.14の脆弱性対応には、シリーズ№の3.8.15が
④ 3.9~3.9.12の脆弱性対応には、シリーズ№の3.9.13が
⑤ 4.0~4.0.11の脆弱性対応には、シリーズ№の4.0.12が
⑥ 4.1~4.1.11の脆弱性対応には、シリーズ№の4.1.12が
⑦ 4.2~4.2.8の脆弱性対応には、シリーズ№の4.2.9が
⑧ 4.3~4.3.4の脆弱性対応には、シリーズ№の4.3.5の実に8通りの識別・分類が必要であった)

この他にも稼働バージョンがあり、その種類は別紙に記載している様に複雑で、

これもWordPressを私たちがお勧めしない理由となっています。

あなたは、この様な対応が必要なことをご存知でしょうか?
あなたのWebサイトは、きちんとメンテナンスされているでしょうか?
あなたは、ホームページ運用にちゃんと費用を支払っていますか?

上記①の範囲でも、
バージョン2.6 は、 2008年10月、
バージョン2.9.2は、2010年10月、
バージョン3.0 は、 2010年6月、
バージョン3.6.1、は2013年9月と、8年~3年以上前の開発であり、

2.9.2と3.0の様にバージョン№が大きい値の方が新しいとは限らない。
(新しいから以前の脆弱性がクリアされているとも限らない)

複雑な環境(数バージョンの同時・並行開発)で、この様な状態は今後も続くことになるから

WordPressを使ってホームページを開発側でさえ、
この様な環境にあることで、

ひとたび脆弱性が発見されると、全体把握も対応も容易ではないのです。

また、WordPress本体以外の、Plugin、API,テンプレートなどにも脆弱性がありますが、ここでは省きます。

155万ものサイトが改ざんされたのは
WordPress4.7と4.7.1に組み込まれたREST-APIの脆弱性を突いたもので、バージョン4.7.2への更新が求められています。

無料で比較できる!日本最大級のマッチングサイト

一括見積もりや一括資料請求が最短3分程度の入力でカンタンにできる

ホームページ制作など様々なカテゴリーで比較できるマッチングサイト

比較jpは ホームページ制作ECサイト制作ランディングページ制作スマホサイト制作Facebookページ制作 など様々な分野について一括見積もりや資料請求依頼が無料で行える比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者を比べることができますので貴社にとって最適な商品やサービスをお探しいただけます。

比較jpとは

比較jpは様々な分野について簡単に比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の企業に一括見積もり・一括資料請求が行えます。
激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

無料登録会社募集