無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集
電話代行・秘書代行を比較
電話代行・秘書代行を比較

電話代行・秘書代行サービスを一括見積もりで比較

電話代行・秘書代行サービスを無料で比較できる比較jp。最短3分程度の入力でカンタンに一括見積もり依頼が行えます。 格安・激安などの価格面はもちろん、スタッフ対応、教育状況、対応可能な時間帯、貴社への連絡方法など様々な視点で代行会社を比較することができます。

電話代行・秘書代行サービスを比較

電話代行・秘書代行サービスを選ぶ際の比較ポイント

電話代行・秘書代行サービスを比較するポイントは、月額費用、スタッフの教育状況、対応可能な時間帯などいくつかあります。その中でも特に忘れていはいけないのが報告のタイミングです。お客様からの連絡には少しでも早く対応したいと思う方も多いと思います。報告のタイミングが遅いためにせっかくの新規の問い合わせを競合他社にとらてしまう場合もあるかもしれません、さらにはクレームへの対応が遅いために大きなトラブルになってしまうケースもあります。電話代行・秘書代行サービスを比較する際は迅速に報告してくれるのかを確認してみてください。

比較jpは電話代行・秘書代行サービスの費用だけでなくサービスや担当者の対応なども簡単に比較することができる一括見積もりサイトです。

電話代行・秘書代行サービスでこんなお悩みはありませんか?

  • 月額費用やオーバーコールの費用が格安・激安の会社を探している
  • 単に電話の対応だけでなく、何についての問い合わせなのか?折り返し可能な時間はいつなのか?など一歩先をいく対応をしてくれる会社を探している
  • 英語をはじめ中国語やフランス語など外国語にも対応できる秘書代行サービスへ依頼したい
  • 対応の報告をメールだけでなくFAXでも知らせて欲しい
  • お試し期間のある電話代行サービスの中で比較したい
  • 月に何件もかかってこないので月のコール件数が少ないプランの会社に依頼したい
  • 時期によってかかってくる電話の件数が異なるので月ごとにプランを変更したい
  • クレームの対応もしてくれる秘書代行サービスを探している
  • 深夜や土日でも対応が可能な電話代行サービスの中で比較したい
  • 用件別に報告する担当者(メールアドレス等)を変更して欲しい
  • とにかく対応の良い会社の中で比較したい
  • 外出が多いので電話代行をお願いしたい。また報告は携帯電話にしてほしい
  • 運営してるネットショップの受注代行をして欲しい
  • 今依頼している電話代行会社の対応が良くないので切り替えを検討している

など電話代行・秘書代行サービスに関してお悩みではありませんか?
比較jpが電話代行・秘書代行サービス探しの悩みを解決致します。
最短3分程度のご入力でカンタンに一括見積もり依頼が可能です。もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

こんなお悩みはありませんか?

比較jpは電話代行・秘書代行サービスに関する一括見積もりの比較サイトです

外出すると電話対応する人がいない。受付対応の人手が足りない、などで電話代行・秘書代行サービスを検討されていませんか?
比較jpは月の予想コール件数や対応をお願いしたい時間帯などをご記入いただくだけで複数の業者へ一括で見積もり依頼が行えます。
もちろん一括見積もりは何度でも無料でご利用いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
一括見積もり・一括資料請求

比較jpで電話代行・秘書代行サービスを比較するメリット

複数の電話代行・秘書代行サービスを比較するメリットは価格だけはありません。他にも様々なメリットがあります。

格安・激安の電話代行・秘書代行サービスが見つかる

格安・激安の電話代行・秘書代行サービスが見つかる

複数の電話代行・秘書代行サービスから寄せられた見積もりなどを比較することで月額の基本料金はもちろん、初期費用やオーバーコール費用、オプション費用などをまとめて比較することができますので、格安・激安の電話代行・秘書代行サービスが見つかります。

対応の良い代行会社を探せる

対応の良い代行会社を探せる

いくら格安・激安でもスタッフの対応が良くなければ、貴社の評判が下がってしまいます。比較jpはスタッフの対応の質も合わせて比較することが可能です。

その他の点でも比較できる

その他の点でも比較できる

費用や対応だけなく、対応可能な時間帯、報告の方法、お試し期間などの有無、通話内容の録音など様々な点で比較することができますので、貴社の条件や要望に合った電話代行・秘書代行サービスを探すことが可能です。

その他にも様々なメリットがあります。

  • 担当者のコミュニケーション能力で比較できる
  • 打ち合わせや相談のしやすい近くの会社を探せる
  • 会社の規模や在籍しているスタッフの数でも比較できる
  • 会社の規模や取引実績数などでも比較できる
一括見積もり・一括資料請求
一括見積もり・一括資料請求

ご利用の流れ

比較jpはわずか3ステップ!最短3分程度のご入力で一括依頼の送信が完了します。
業者選びにお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

簡単3ステップで、様々な登録業者から見積もりの連絡や提案などがあります。複数の業者を比較することで価格はもちろんサービスや担当者の対応などでも比較することができます。

ご利用の流れ

よくある質問

無料で見積もり依頼や資料請求ができますか?

はい、無料で行えます。もちろん、何度ご利用いただいても費用はかかりません。

かならず契約しなければなりませんか?

そのようなことはありません。
予算や条件などご希望に合った提案がなければすべての提案をお断りしていただいてかまいません。

依頼後どのくらいで連絡がありますか?

最短で即日にご連絡があります。平均で2、3営業日程度とお考えください。

見積もり依頼や資料請求はどのように行えばよろしいでしょうか

こちらの依頼専用フォームよりご連絡ください

一括見積もり・一括資料請求
一括見積もり・一括資料請求

電話代行・秘書代行会社を選ぶ6つの比較ポイント

営業回りで忙しくて電話が取れない方、事務所を留守にしがちな個人事業主の方、電話に邪魔されず集中して制作活動をしたい方、電話対応の為だけに従業員を雇用するのは勿体ないと感じられるのであれば、電話代行・秘書代行会社の利用を検討されてはいかがでしょうか。電話代行・秘書代行会社を探すにあたってのポイントや選び方など、様々な情報を比較してまとめてみましたので、是非、参考にしてください。

続きを読む

ポイント1:対応範囲

電話代行・秘書代行会社では、まず初めに依頼者の情報や要望をもとにマニュアルを作成して電話対応をしてくれますが、その対応は代行会社によって様々です。事業所別や担当者別に応じて電話入電時の文言を使い分けてくれたり、特別な顧客や取引先に対しては、予め指定した内容で個別対応などもしてくれる代行会社もあります。また、勧誘電話やセールス電話などへは、事前に必要の無い業種を通知しておくことで断りの対応なども行ってくれる代行会社もあります。電話代行・秘書代行会社に依頼する際には、どのくらいの範囲まで対応してくれるのかを確認し、対応範囲の比較をすることをお勧めします。

ポイント2:料金設定

電話代行・秘書代行会社の料金設定は代行会社によって様々です。決まった月間入電件数までは基本料金に含まれており、それを超えると1件につき課金となる業者もあれば、1件毎に従量課金となる業者もあります。また、オプション料金では、個別に指定した顧客や取引先への個別対応、電話取次や電話転送サービス、不要な入電への個別対応など、細かく料金設定がされています。現状の入電状況や要望を把握して、現状に置き換えて料金を比較するようにすると良いでしょう。また、電話代行・秘書代行会社によっては、お試し期間として期間限定の無料サービスなどを展開している会社も多数ありますので、実際に利用して使い勝手や利便性を比較されるのも良いでしょう。

ポイント3:スタッフの質や対応

電話代行・秘書代行は、貴社に代わって電話の応対をしてくれます。そのためコールスタッフには、それに相応しい対応や姿勢が必要と言えます。お客様からの入電に対応が悪く、お客様を怒らしてしまうようでは代行会社を利用している意味がありません。電話代行・秘書代行会社には、コールスタッフ用のマニュアルや教育・研修制度などを用意してコールスタッフの品質向上に努めている会社もあります。代行会社に依頼する際には、会社のコールスタッフへの教育や指導方法などを比較して電話代行・秘書代行会社を選ぶのが良いでしょう。

ポイント4:対応報告

依頼者宛てに入電があった際の電話代行・秘書代行会社からの報告方法も事前に比較、確認しておきましょう。今では殆どの代行会社が、入電の都度にメールで対応報告を送ってくれますが、入電者からの要望により急を要する場合には電話連絡をしてくれたり、貴社の社員ごとに個別に連絡先メールアドレスの変更をしてくれる代行業者もあります。また、WEB上に専用ページが用意されており、PCやスマートフォンからいつでも履歴の閲覧することが可能な代行会社もあります。代行会社によって対応報告方法は様々ですので、報告方法を比較し、貴社の立場になって対応報告をしてくれる会社かどうかも電話代行・秘書代行会社を選ぶ際の重要なポイントです。

ポイント5:取次サービス

電話代行・秘書代行会社が行っているサービスの一つに、電話取次サービスがあります。代行会社に入電した電話を内線電話のように依頼者に電話を取り次いでくれるので、電話を切ることなく入電者と話ができるというものです。大事な取引先様からの電話や急を要する電話の際には、非常に便利なサービスですので、電話代行・秘書代行会社を選ぶ際には、取次サービスを行っているかどうかを確認して決めるのも良いでしょう。ただし、取り次ぎサービスによって、電話代行・秘書代行会社から電話を転送されてきた場合には、転送にかかる通話料金が別途発生することになるので注意が必要です。

ポイント6:複数の電話応対

会社によっては、営業所や部署などによって幾つもの電話番号を保有していたり、複数の店舗を運営している場合に番号がそれぞれ異なるケースもあります。そういった場合、入電した電話番号に応じて、受付時の文言を使い分けて電話に出る必要があります。営業所や部署、店舗ごとにそれぞれに合った対応をしてくれるか電話代行業者・秘書代行業者に確認し、対応策等を比較して決めるとよいでしょう。

ポイント7:その他のポイント

電話代行・秘書代行業者を選ぶ際には、営業時間外、休日、年末年始やお盆などの長期休暇時の対応、営業電話や間違い電話がコール件数としてカウントされるかどうか、対応するスタッフが何人いるかどうか、など細かい部分にまで、貴社の要望に柔軟に対応が可能かどうかを事前に比較、確認することが必要です。

電話代行・秘書代行会社を選ぶポイントとして、
① 対応範囲
② 料金設定
③ スタッフの質や対応
④ 対応報告
⑤ 取次サービス
⑥ 複数の電話応対
⑦ その他のポイント
という7つのポイントを紹介しました。
電話代行・秘書代行会社は、インバウントのコールセンターとは違い、細かく個別設定が出来る会社が多く存在していますので、現在の入電状況などを踏まえて対応範囲や料金設定などを比較しながら代行会社を選んでください。