無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

翻訳・通訳会社を比較

比較jpは データ入力代行・アンケート集計貸切バスパソコン修理データ復旧決済代行文書・重要書類・メディア保管レンタル観葉植物・オフィスグリーン翻訳・通訳売掛金・債権回収海外進出支援マニュアル清掃会社 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

翻訳会社を選ぶ際の6つのポイント

年々、企業のグローバル化が加速しており、企業は様々な国と取引をする必要性に迫られています。そこで各企業の担当者にとって一番の課題となるのが、言語の違いです。英語を中心に、相手に合わせて中国語やスペイン語など、様々な言語を用いてビジネスをしなければなりません。さらには、契約書や書類などの文書関係の作成をする必要があります。そのため翻訳ソフトなどとは違い、正確な言葉使いや文法を用いて翻訳をしてくれる翻訳会社を活用する企業が増加しており、年々、通訳会社への需要が高まってきています。
翻訳会社を選ぶ際の6つのポイントを紹介しますので、是非、参考にしてみてください。

ポイント1:翻訳の種類を比較

翻訳には、文芸翻訳、産業翻訳、映像・放送翻訳のように、大きく3つに分類することができます。文芸翻訳とは、小説や出版物用の翻訳を行うことで、登場人物の性格や時代背景や情景などの描写を分かり易く翻訳します。産業翻訳とは、ビジネス文書や技術文書、契約書などの翻訳のことで、専門用語や専門知識を用いて翻訳をします。映像・放送翻訳とは、映画の字幕や日本語吹き替えの原稿などの翻訳のことで、会話を主体とし、生活に準じた翻訳をします。
それぞれに翻訳方法の違いや特徴がありますので、同じ英文を翻訳した場合と比較すると、まるで訳し方は違ってきます。また翻訳後の用途によっても訳し方が違ってきますので、翻訳を依頼する場合には、目的に応じた翻訳方法や趣旨を事前に翻訳会社に説明するなどをして、対応できるかどうかを比較しながら検討してみてください。

ポイント2:翻訳会社の得意な業種や分野を比較

翻訳会社には各言語に関する翻訳のエキスパートがスタッフとして在籍していますが、ビジネス文書や専門用語を多用する産業翻訳の場合には、言語だけでなく得意とする業種や産業、専門分野なども必要となってきます。
翻訳会社に依頼する際には、依頼する翻訳の内容、業種、分野などを正確に把握した上で、それらの分野を得意としている翻訳会社を比較しながら決めるのが良いでしょう。
特に、ビジネスに於いては、先方に伝えたい事が伝わっていない場合や、間違った解釈をされてしまう様では、後にトラブルとなってしまいます。翻訳の中でも、ビジネス文書や契約書などを翻訳する産業翻訳を依頼する場合には、その分野や業種、産業に強いかどうかを注意して慎重に翻訳会社を比較しながら決める必要があると言えます。

ポイント3:料金形態を比較

翻訳を依頼する場合の費用については、各翻訳会社によって料金設定に違いがありますので、翻訳会社の料金設定の比較も重要となります。主に、1字〇〇円という料金設定をしている翻訳会社が多く占めておりますが、日本語から外国語に翻訳する場合と外国語を日本語に翻訳する場合とで、料金が違っていたり、また、翻訳をする言語によって単価が変動する場合などもありますので、翻訳を依頼する際には、翻訳会社が設定する料金形態を比較してから決めるのが良いでしょう。

ポイント4:取引実績を比較

翻訳会社のホームページなどを見ると、取引実績として具体的な企業名を明記している場合があります。取引実績を知ることによって、翻訳会社が過去にどのような企業と取引をしているのか、どのような分野や産業の企業と取引をしているのか、などによって翻訳の品質を読み取ることができますし、得意な産業や分野なども同時に把握することができます。
翻訳を依頼する際には、今までにどのような翻訳を担当してきたのか、どのような産業や分野の企業と取引実績があるのかなどを比較しながら翻訳会社を決めると良いでしょう。

ポイント5:読み手目線で翻訳を比較

翻訳は、様々なテクニックが必要とされる技術職とも言えます。日本語に翻訳する場合には、いかに日本語として理解できるように翻訳することができるか、逆に日本語を外国語に翻訳する場合には、日本語独特の言葉や言い回しをいかに外国の方に伝わるように翻訳できるかが翻訳の難しいところです。その為、読み手が理解できるような言葉に置き換えたり、分かり易い言い回しに置き換えたりするなどの気配りができるかどうかが重要になってきます。翻訳会社のサービスとして、無料でトライアルなどを実施している会社もありますので、トライアルを通じて翻訳会社の手法や、こちらの要望通りの翻訳をしてくれるのか、などを確認して比較するのも良いでしょう。

ポイント6:ネイティブチェッカーの有無を比較

ビジネス翻訳をする場合には、専門用語を多用することや、商品説明・技術説明など正確な翻訳がなされているか確認するために、翻訳が正しく行われているかどうかをチェックする役目として、専門的な知識を有しているネイティブチェッカー(校正者)の存在が必要不可欠となっています。
各分野に高い知識があり、また言語も堪能であるネイティブチェッカーを有している翻訳会社かどうかも翻訳会社を選考する際には、重要な比較対象になると言えます。ネイティブチェッカーの実績や経歴なども比較しながら翻訳会社を決めると良いでしょう。

この記事では、翻訳会社を選ぶ際のポイントとして、
① 翻訳の種類
② 得意な業種や分野
③ 料金形態
④ 取引実績
⑤ 読み手目線で通訳
⑥ ネイティブチェッカー
という6つのポイントを紹介しました。
使用する言語が違う相手に正確に言葉を伝える為には、様々な専門的知識やテクニックが必要と言えます。ただ単に翻訳するのではなく、読み手に伝わる翻訳の方法がありますので、翻訳会社を有効に利用するのも一つの方法と言えます。是非、翻訳会社を選ぶ際には、参考にしてください。

PR:比較jpは翻訳・通訳会社に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは依頼内容や翻訳する言語などをご入力いただくだけで複数の翻訳会社や通訳会社へ一括で見積もり依頼が行えます。
届いた見積もりや提案を比較することで貴社の条件を満たす翻訳・通訳会社を比較しながら探すことが可能です。
もちろん一括見積もりは何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「翻訳・通訳会社を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集