無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

コピー機(複合機)を比較

比較jpは コピー機(複合機)ビジネスフォンパソコン・ノートパソコン購入パソコン修理データ復旧オフィス用品・事務用品レンタル機器・用品法人向けファイルサーバ・オンラインストレージウォーターサーバーLED照明防犯カメラ・監視カメラ自動販売機テレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

コピー機(複合機)におけるリース契約とは?契約前に確認しておきたいこと

コピー機(複合機)の導入で最も多く利用されているのがリース契約

会社でコピー機(複合機)を使用するにあたって、最も多いのがリース契約です。
特に会社の立ち上げ時は、どうしても資金を抑えておきたいところです。
リース契約の仕組みは、希望のコピー機をリース会社が代わりに購入し、月々のリース料金を支払うことで、リース会社からコピー機を借りることができる方法です。

それでは、リース契約には、コスト面などでどのようなメリットがあるのでしょうか。
また、メリットだけでなくデメリットも比較しながらご説明しますので、契約後のトラブルがないように注意してください。

リース契約とは

リース契約とは、「契約者」「販売店」「リース会社」の3社間で契約が成立する方法です。
リース会社は契約者が希望するコピー機を契約者に代わって販売店から購入し、契約者とリース契約を結びます。
契約者とリース会社との間でコピー機の賃貸(複数年契約)を行うことで、契約者は希望するコピー機を使用することができます。

リース契約の支払いの仕組み

次に、リース料金の支払いの仕組みをご紹介します。

リース料金とは、コピー機(複合機)を借りるために毎月支払う料金のことです。
リース契約は、初期費用はかかりませんが、毎月定額の費用を支払う必要があります。
リース契約は、リース料金として支払った費用を経費として計上できるという点と固定された料金なのでコストが把握しやすいという特徴があります。
また、リ-スは銀行借入とは違うので、担保を必要としません。そのため、借入よりも契約手続きが簡単なので、契約の手間が比較的少なく導入することが可能です。

契約前に確認しておきたいこと

リース契約の内容や仕組みが分かったら、次は契約の際に事前確認をしておきたい点をご紹介します。
リース会社によって内容が異なるので、必ず契約時に確認をするようにしてください。

コピー機(複合機)の法定償却年数は5年と定められています。
コピー機のリース契約年数は会社によって様々ですが、3~6年を提示されることが比較的多くあります。
なぜ6年まであるのかと言うと、6年契約にした方が月々のリース料金が安くなるからです。
月々のリース料金を安く見せることで、リース会社にとっても契約者にとっても比較的契約しやすくなるというメリットがあります。
しかし、リース期間が長い場合は月々の支払いが安くなっても、最終的に支払うトータルコストは高くなる傾向にあるので、注意が必要です。

コピー機は法定償却年数の5年を超えてくると老朽化が始まります。ちょうどリースの契約が切れる時期ですが、それよりも前に社員の増加などによりコピー機の入れ替えを行いたい場合には、今のコピー機を解約する必要がありますがその場合残りの金額を一括で支払わなければなりません。

リース契約する際は、契約年数を慎重に検討するようにしてください。
上手に契約をすれば、常に最新のコピー機を使用することができます。

まとめ

リース契約の場合、コピー機(複合機)の所有権はリース会社にあります。
契約終了後はリース会社へ返却するか、再リースの契約を結ぶことになります。
リース契約特有の注意点があるので、まずリースについてしっかり把握しましょう。

PR:比較jpはコピー機(複合機)に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpはコピー機の一括見積もり比較サイトです。最短3分程度の入力を1度行うだけで複数の企業に一括で見積もり依頼が行えます。
リースやレンタルなどの費用の比較はもちろん、担当者の対応や保守契約の内容、ゼロックスやリコー、キャノンなどと言ったメーカーの特徴など様々な視点から比較することができます。もちろん一括見積もりは何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「コピー機(複合機)を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集