無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

コピー機(複合機)を比較

比較jpは コピー機(複合機)ビジネスフォンパソコン・ノートパソコン購入パソコン修理データ復旧オフィス用品・事務用品レンタル機器・用品法人向けファイルサーバ・オンラインストレージウォーターサーバーLED照明防犯カメラ・監視カメラ自動販売機テレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

リース契約のコピー機(複合機)とレンタル契約のコピー機の違いを比較

コピー機(複合機)のリースとレンタルの5つ違いを比較

コピー機(複合機)を導入する時、リースにするかレンタルにするか、迷っている人もいるのではないでしょうか。
一見大きな違いはなさそうですが、知らずに契約を決めてしまうと、後で後悔することになってしまいます。
どちらの契約が適しているのかは使い方や利用期間などによって変わります。
細かな違いまでご紹介しますので、ぜひコピー機を導入する際の参考にしてください。

所有権の違いを比較

まず、リースとレンタルには所有権の違いがあります。
リースの場合、コピー機(複合機)の所有権はリース会社が持っています。
契約者が希望するコピー機を、リース会社が購入し、リース会社にリース料金を支払うことでコピー機を利用できます。
希望されるコピー機をリース会社が代わりに購入をするため、新品のコピー機を使用することができます。

一方で、レンタルの所有権は、レンタル会社にあります。つまり、コピー機を所有している会社にレンタル料金を支払うことで利用する事ができるようになります。
レンタル会社が所有しているコピー機を借りる形になるため、新品ではなく、中古のコピー機を利用することが比較的多くなります。

契約期間の違いを比較

リースとレンタルは、契約期間に違いがあります。
リースは比較的長期間契約を結ばなければいけません。目安として、3年~6年の契約を結ぶことが通例です。
つまり、3年~6年はコピー機(複合機)を使用し続けなければいけません。原則として途中解約はできません。

レンタルの場合、短期間での利用が可能です。最短であれば、1日から契約をすることができます。
使用したい期間だけ利用できますので、途中解約などの心配をすることがありません。

リース料金、レンタル料金共に毎月支払い、自社所有ではないのでリース料金やレンタル料金を経費として計上できることは共通点です。

契約までの手続き

リース契約は、誰でも利用できるというわけではありません。
リース契約前に審査があり、契約にあたって様々な事務手続きがあります。
レンタルは、そのような審査があることが比較的少なく、仮にあったとしてリースの審査ほど厳しくはないため気軽で簡単に契約を結ぶことができます。
導入したい時にすぐに契約ができて、必要でなくなったらすぐに契約を解約できる特徴があります。

コピー機の機種について

リースは選べる機種も幅広く、最新のコピー機(複合機)または比較的新しいコピー機を使用することができます。
使用頻度が高く、長く使う傾向がある場合は、最新のものであることは大切なポイントです。
コピー機は精密機械なので、トラブルはつきものです。最新のものであれば、使い勝手もよく、不要なトラブルを出来る限り抑えることに繋がります。

レンタルはレンタル会社が所有しているコピー機からの選択となります。
場合によっては、かなり使い古されたコピー機を使わなければいけないこともあります。
レンタルはレンタル会社が保有している中古のコピー機を使用することになるため、新品のコピー機より故障する可能性が比較的高くなる傾向になります。
修理ばかりで仕事に支障ができないようにしっかりとメンテナンスしてくれるレンタルコピー機会社をえらびましょう。

リースとレンタルの共通点

リース、レンタルどちらも、初期費用の必要がありません。
金銭的な負担を抑えて導入できることは共通したメリットです。
そして、どちらも所有権が他社になるため、面倒な事務作業を省略できて、固定資産税などの税金を支払う必要がありません。

ただし、レンタルの場合、運搬費用などの初期費用が発生する場合があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リースとレンタルの違いを比較してみました。
どのような機種を使用して、どれくらいの期間を利用するのかによってリースかレンタルの選択が変わってきます。
最新のコピー機(複合機)ではなく、短期間で使用するあればレンタルでの契約がおすすめです。また長期的に使用するのではあればリースがおすすめです。

どのような目的でコピー機が必要なのか、最初に確認しておきましょう。

PR:比較jpはコピー機(複合機)に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpはコピー機の一括見積もり比較サイトです。最短3分程度の入力を1度行うだけで複数の企業に一括で見積もり依頼が行えます。
リースやレンタルなどの費用の比較はもちろん、担当者の対応や保守契約の内容、ゼロックスやリコー、キャノンなどと言ったメーカーの特徴など様々な視点から比較することができます。もちろん一括見積もりは何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「コピー機(複合機)を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集