無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

リース契約でコピー機を購入するメリットについて

コピー機(複合機)を比較

比較jpは コピー機(複合機)ビジネスフォンパソコン・ノートパソコン購入パソコン修理データ復旧オフィス用品・事務用品レンタル機器・用品法人向けファイルサーバ・オンラインストレージウォーターサーバーLED照明防犯カメラ・監視カメラ自動販売機テレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

リースコピー機を購入するメリット

1.初期費用がカットできる

企業経営においてコピー機・複合機は必要な設備です。導入の方法として、購入とリース契約の二つがあります。リース契約のメリットとしてまず挙げられるのが、初期費用のカットです。一括購入の場合、価格はコピー機の性能や、新品か中古かにもよって幅がありますが、多額の費用が必要になります。新品なら100万~400万円、中古でも10万~30万円ほどになります。
それに比較して、リース契約は基本的に初期費用はかかりません。コピー機自体はリース会社のものであるため、初期費用や頭金を支払う必要がないわけです。費用を調達するために、銀行から借り入れるといった必要もありません。特に新品のコピー機・複合機を導入する場合、多額の初期費用をカットできることはかなりのメリットとなります。また月々のリース代金を全額経費にできるというのも、リース契約の大きなメリットの一つです。
このように、コピー機導入の初期費用をカットしたい場合には、リース契約がおすすめと言えます。

2.レンタルに比べ毎月の支払額が安くなる

ところで、リースと似ていますが異なる方法として、コピー機・複合機のレンタルがあります。リースとレンタルの共通点は、コピー機の所有権が顧客でなくリース・レンタル会社にあること、減価償却費・固定資産税の支払い義務がないこと、保守に関するアフターサポートが受けられること、購入に比べ初期費用が割安なこと、などがあります。一方で異なる点としては、リース契約が5年ほどからの期間なのに対し、レンタルは数日から可能なこと、リースが途中解約ができないのに対し、レンタルは可能なことなどがあります。
リース契約がレンタルに比べお得な点として、毎月かかる支払金額がレンタルより安くなるということがあります。これはリースが途中解約できないため顧客がリースにかかる料金を全て支払う義務があるのに対し、レンタルは途中解約が可能なため、相対的にリース契約の方が毎月の料金を安く設定できるのです。特にコピー機の利用期間が3年以上の長期にわたる場合は、レンタルと比較してリース契約の方が費用的にお得となります。

3.財務管理・事務作業の必要がない

コピー機・複合機を購入した場合、それらは会社の固定資産となるため、減価償却費、固定資産税などを支払う義務が生じます。コピー機の場合耐用年数は5年なので、5年に渡って減価償却を行う必要があります。また固定資産台帳を作成し、定期的に棚卸をしなければなりません。こうした財務管理や事務作業は、はコピー機の導入が増えるほど煩雑になります。
それに比較してリース契約の場合は、コピー機がリース会社の固定資産となるため、減価償却費や固定資産税の納付はリース会社の義務となります。リースにかかる費用も一定なので、コストの把握も容易です。こうした財務管理や事務作業のわずらわしさから逃れられるのも、リース契約のメリットと言えます。

4.新品のコピー機導入が可能

リース契約の場合、中古品は適用されず、新品のみの適用となります。もし中古のコピー機・複合機の導入を希望するのであれば、レンタルもしくは購入ということになります。しかしレンタルの場合は顧客が選べる機種が限られており、基本的にレンタル会社が保有している機種のみといった形になります。購入の場合は前述のように、初期費用や固定資産税といったコストがかかるというデメリットがあります。
しかし逆に言えば、リース契約は新品の、状態のよいコピー機が導入できる機会であると言えます。中古品は一度リースを満了した5年落ち以上の製品が多いため、あまり長期間の使用は難しいと言えます。また壊れた場合部品の供給がなくなっていることもあり、修理不能といった可能性もあります。
それに比較して新品を導入した場合、高性能・高品質のコピー機が利用できることになります。故障や不具合の心配も比較的少なくなるので、ストレスのない業務が可能になります。

5.定期的に最新設備が導入できる

コピー機・複合機のリース契約のメリットとして、定期的な最新機種の導入が可能になるという点があります。リース期間を短く設定しておけば、契約を更新するごとに最新の機種が導入できます。
コピー機に限らず、オフィス機器の進化のスピードは目覚ましいものがあります。あまり長く同じ機種を使い続けることは、性能や機能の面で時流から遅れてしまい、業務的にもデメリットが多くなるでしょう。それに比較して常に最新の設備を備えておくことで、業務の効率は格段に向上できるはずです。
コピーの画質や電力消費といった点の向上はもちろん、近年のコピー機はクラウドとつながることによって情報共有のスピードを飛躍的に高めています。コピー機からクラウドサーバーを通じ、各端末への情報伝達がスムーズに行われることで、仕事上のより迅速な行動が可能になります。
またクラウドサーバーを利用することは、セキュリティの面でも安心です。データを素早く安全に管理できるということは、ビジネスにおいて何より重要なメリットでしょう。このように、最新設備を定期的に導入できることは、リース契約の大きな利点と言えます。

PR:比較jpはコピー機(複合機)に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpはコピー機の一括見積もり比較サイトです。最短3分程度の入力を1度行うだけで複数の企業に一括で見積もり依頼が行えます。
リースやレンタルなどの費用の比較はもちろん、担当者の対応や保守契約の内容、ゼロックスやリコー、キャノンなどと言ったメーカーの特徴など様々な視点から比較することができます。もちろん一括見積もりは何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「コピー機(複合機)を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集