無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

家屋解体・建物解体工事業者・撤去費用を比較

比較jpは 内装工事(店舗)内装工事(オフィス・事務所)原状回復工事内装解体工事家屋解体・建物解体オフィスや店舗の家賃値下げ交渉移転害虫駆除自動販売機建築パース決済代行文書・重要書類・メディア保管レンタル観葉植物・オフィスグリーン看板・横断幕・懸垂幕入退室管理システムテレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム清掃会社引越し太陽光発電システム(ソーラーパネル)防犯カメラ・監視カメラ注文住宅リフォーム・リノベーション不動産の売却/査定畳・襖・網戸・障子の張替え など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

木造住宅の解体費用が決まる9つのポイント

構造や坪数、場所によって決まる

木造住宅の解体費用は、住宅の構造や坪数、立地によって変わります。一般的な木造住宅は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比べて解体工事の手間が少ないため、費用も比較的安くなります。また、坪数が小さい住宅の方が、坪数の大きい住宅より解体費用は安くなる傾向にあります。立地については、重機の使用ができる場所となっていることが重要です。例えば、住宅密集地で道路幅が狭いために解体現場まで重機が入れないような場合は、人力での作業が必要になり、その分費用は高くなります。

工事に必要な人数によって変わる

木造住宅の解体工事の費用は、人件費とも関係しています。解体工事に多くの作業人数が必要となる場合は、その分だけ費用も高くなります。また、道路上での作業が必要になれば、ガードマンの配置が義務付けられることがあります。その際には、職人の作業人数だけなくガードマンの人数も含めて人件費がかかるため、解体費用は比較的高くなります。

工事車両が入れる駐車場があるかどうかで決まる

木造住宅の解体工事の費用は、解体現場に工事車両の駐車スペースがあるかどうかも一つのポイントになります。現場に工事車両を停める駐車スペースがない場合、他に有料の駐車場が必要になります。その際の駐車場にかかる費用は解体費用に加えられ、現場に駐車スペースがある場合と比較して費用は高くなります。また、使用できる駐車場が遠くなればなるほど、廃材などを手作業で運ぶ必要があるため、必要な作業人数も多くなり費用が高くなってしまいます。

養生や足場、作業スペースによって決まる

木造住宅の解体工事では、養生や足場の設置が行われます。解体工事の際には、解体した破片、ごみ、埃などの拡散、騒音などで近隣に大きな影響がかかるおそれがあります。そのため、破片やごみなどの拡散の防止や防音対策のために養生が行われます。また、解体作業のための足場も設置されます。これらの養生や足場の設置が多ければ多いほど、その分費用も高くなります。例えば、大きめの木造住宅の解体では、養生や足場の設置も多くなり、費用も比較的高くなります。
また、作業スペースが確保できているかも重要です。例えば、敷地内に重機や工事車両を配置できない場合、目の前の道路に配置することになります。路上に重機や工事車両を置くには、使用許可が必要になり、ガードマンの配置も行われます。その分だけ解体費用も高くなります。

植木や庭石、建物内の残存物、アスベストによって変わる

木造住宅の解体工事では、建物以外でも解体費用がかかる場合があります。例えば、木造住宅の敷地内に植木や庭石などがあれば、それらの撤去に費用がかかります。また、建物内に家具などの残存物があれば、その撤去分の費用がかかります。さらに、アスベストがあるかどうかも費用と関係します。アスベストの撤去は通常の解体とは違った方法をとるため比較的高額な撤去費用がかかります。屋根や壁などにアスベストが含まれている場合、その分の除去費用がかかるので注意が必要です。

地中の障害物や駐車場の解体によって変わる

木造住宅の解体工事で、見積もり後に地中障害物が見つかった場合にも、解体費用に影響があります。地中から岩石や井戸、浄化槽などの障害物が発見された場合、それらの解体・撤去には、見積もり時の解体費用とは別に費用が追加されることもあります。また、木造住宅の解体と同時に駐車場やコンクリートのブロック塀などの解体が行われる場合も、通常の解体作業と比較して費用が多くかかります。

重機や工事車両のサイズによって変わる

木造住宅の解体工事で使用する重機や工事車両のサイズも、解体費用を決める重要な要素です。大きいサイズの重機や工事車両が使用できると、1日の作業で多くの解体を行うことが可能となり、人手も手間も比較的少なくなります。解体作業の日数や手間が少なければ、その分だけ解体費用も安くなる傾向があります。
一方で、場所によっては大型の重機や工事車両が入れない場合は、小型の重機や工事車両を使用することになります。小型の重機の場合は、一度の作業量が小さくなるため、解体する日数も多くかかる傾向があります。また、小型の工事車両は一度に運搬できる量が少ないため、何度かに分けて運搬が行われます。そのため、少ない運搬回数で解体作業が行われる場合と比較して費用が多くかかります。

学校など、周囲の環境によって決まる

木造住宅の解体工事では、解体現場だけでなく、その周辺の環境によっても費用が変わる場合があります。例えば、周囲に学校がある場合、解体現場の目の前の道路が通学路になっている可能性があります。通路での解体作業にはガードマンが配置されますが、現場の目の前の通路が通学路である場合、敷地内での工事でもガードマンが配置されることがあります。通学路で小学生などが多く通る場合、解体工事を行っている敷地内に子供が入る危険性があります。それを防ぐためにガードマンが配置されることがあり、その分の費用がかかります。

PR:比較jpは家屋解体・建物解体工事に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは家屋解体・建物解体・撤去工事に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
届いた見積もりや提案などを比較するだけで、解体費用や撤去費用はもちろん、工事期間や施工実績、担当者の対応など工事業者を様々な面から比較し探すことができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「家屋解体・建物解体工事業者を比較」のページにてご確認いただけます。

日本最大級のマッチングサイト
日本最大級のマッチングサイト

家屋解体・建物解体・撤去工事業者を比較できるビジネスマッチングサイト