無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

家屋解体・建物解体工事業者・撤去費用を比較

比較jpは 内装工事(店舗)内装工事(オフィス・事務所)原状回復工事内装解体工事家屋解体・建物解体オフィスや店舗の家賃値下げ交渉移転害虫駆除自動販売機建築パース決済代行文書・重要書類・メディア保管レンタル観葉植物・オフィスグリーン看板・横断幕・懸垂幕入退室管理システムテレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム清掃会社引越し太陽光発電システム(ソーラーパネル)防犯カメラ・監視カメラ注文住宅リフォーム・リノベーション不動産の売却/査定畳・襖・網戸・障子の張替え など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

家屋解体や建物解体の3つのメリットと3つのデメリット

メリット1:倒壊の危険を防ぐ

家屋解体・建物解体のメリットとして考えられるものに、まず、「建物が倒壊する危険を未然に防ぐ」ということがあります。
日本の住宅は木造家屋が多いため、人が住まなくなって老朽化が進んだ家屋は、倒壊の危険が飛躍的に高まります。窓や扉が閉め切られたままで湿気が溜まるうえ、白アリなどによる建物への害があっても発見されにくいことも、倒壊の危険を高める理由の1つとなります。
そのため、こうした老朽化の進んだ建物は、ちょっとしたことがきっかけで倒壊しかねません。地震や台風はもちろん、強い雨や風といったことでも建物が崩れる危険があります。また瓦が崩れて通行人に被害を与える可能性や、侵入者による放火などの可能性も考えられます。
住宅が密集している日本では、建物の倒壊や出火は、隣家へ重大な被害を及ぼすことになります。そうなる前に建物を解体しておくことは、危険を未然に防ぐうえで有効な対策です。建物を解体せずに放置しておくリスクと比較すると、安全性という点では家屋解体のメリットは明らかです。

メリット2:流通性が高くなる

家屋解体・建物解体のメリットとして、「売却しやすくなる」ということもあります。
空き家や危険家屋のように、価値のほとんどない建物が解体されずに残っている土地のことを、「古家付き土地」といいます。こうした古家付き土地の問題は、売却したくてもなかなか買い手がつかない場合があります。
土地の購入者の目的は、多くの場合、購入後に新しい建物を建てるというものです。古家が建ったままだと、購入後に解体費用が別途かかることから、買い手もなかなか購入を決めにくいというデメリットがあります。
これに比べ、古い建物を解体して、更地にしてから売りに出す方が、比較的買い手が付きやすいと言えます。このように、建物を解体することは、土地の流通性を高めるうえでメリットがあります。

メリット3:管理の費用・手間がなくなる

家屋解体・建物解体の3つ目のメリットとして、「空き家の管理にかかる費用や手間がなくなる」という点があります。
空き家と言っても、何もせず放っておいてよいわけではありません。持ち主は安全や不法侵入対策のため、定期的に管理を行う必要があります。例えば、カビなどが繁殖しないように窓や押し入れ、床下収納などを開けて通気をしなければいけません。また、雨漏りによる木材の腐食を防いだり、雑草の除去や外壁の状態確認、室内の掃除や近隣への影響も確かめる必要があります。こうした管理を怠ると、近隣に迷惑がかかることはもちろん、ひどい場合は行政から罰金を取られることもあり得ます。
さらに、空き家管理を自分で行えない場合は管理会社に頼むことになりますが、この場合はもちろん費用がかかります。会社や物件によって費用はまちまちですが、決して安くはない出費です。
これに比較して、建物を解体することは、こうした管理にかかる費用や手間をなくすことができるというメリットがあります。

デメリット1:税金が高額になる

一方で、家屋解体・建物解体にはデメリットもあります。その一つが、「税金が高くなる」ということです。
不動産を所有している場合、当然税金がかかりますが、それが「固定資産税」と「都市計画税」です。しかしその土地に住宅用建物が建っていた場合、土地の固定資産税は最大で1/6、都市計画税は最大で1/3の減額が認められます。これは空き家も含まれます(倒壊の危険が高い、衛生上問題があるなどの「特定空き家」を除く)から、建物を解体すると土地にかかる税金はかなり高額になってしまいます。
このように、建物を解体した場合、税金が高くなるというデメリットが生じることになります。

デメリット2:解体費用が発生する

家屋解体・建物解体のデメリットとして、「解体の費用がかかる」ということもあります。
買い手がつく前に建物を解体する場合、解体費用は、当然持ち主が負担しなければいけません。解体費用は建物の場所や規模、構造、また請け負う会社によっても異なりますが、100万円単位の費用は見積もっておいた方がよいでしょう。
比較的安い費用で請け負う解体業者もありますが、追加料金を請求するなどの悪質な業者も存在するので、注意が必要です。また、近隣への配慮も必要になるため、安さよりも安全で確実な作業に定評のある業者を選ぶようにした方がよいでしょう。
いずれにしても、解体には、かなりの額の費用が必要になるというデメリットがあります。

デメリット3:解体によって売りにくくなる場合もある

メリット②で上げた点と矛盾するようですが、場合によっては建物を解体することで、返って売りにくくなることもあります。
例えば、新しい建物を建築する許可が下りないといった場合や、買い手が最初から、建物目当てで購入を検討していた場合などです。最近は、空き家をリフォームして理想の家を作るのが目的といった人も多く、そういった買い手は最初から、空き家付きの土地を探しています。
ですから、よかれと思って建物を解体しても、そのことで逆に売りにくくなってしまうというケースも考えられます。

PR:比較jpは家屋解体・建物解体工事に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは家屋解体・建物解体・撤去工事に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
届いた見積もりや提案などを比較するだけで、解体費用や撤去費用はもちろん、工事期間や施工実績、担当者の対応など工事業者を様々な面から比較し探すことができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「家屋解体・建物解体工事業者を比較」のページにてご確認いただけます。

日本最大級のマッチングサイト
日本最大級のマッチングサイト

家屋解体・建物解体・撤去工事業者を比較できるビジネスマッチングサイト