無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集
空き家解体工事
空き家解体工事

空き家解体工事を一括見積もりで比較

空き家の解体工事を無料で比較できる比較jp。最短3分程度の入力でカンタンに一括見積もり依頼が行えます。 格安・激安などの価格面はもちろん、施工実績、工事期間、担当者の対応、アフターフォローなど様々な視点で工事業者を比較することができます。

空き家解体を得意する解体工事業者を比較

比較jpは空き家の解体工事はもちろん、住宅、倉庫や車庫、鉄骨住宅、アパート、などあらゆる住宅解体で解体業者を比較することができる一括見積もりサイトです。

空き家解体工事でこんなお悩みはありませんか?

  • 空き家になっている実家の解体工事を格安・激安で請け負ってくれる業者を探している
  • 相続前に空き家になっている家を解体したい
  • できるだけ近隣住民に迷惑をかけずに解体工事を行ってくれる業者に依頼したい
  • できるだけ安くすませたいので解体専門業者の中で比較したい
  • 不動産会社から紹介を受けた業者から見積もりをもらったがもっと安く解体してくれる業者がいるのなら見積もりが欲しい

など解体工事業者探しでお困りではありませんか?
比較jpが解体工事業者探しの悩みを解決致します。
最短3分程度のご入力でカンタンに一括見積もり依頼が可能です。もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

こんなお悩みはありませんか?

比較jpは住宅解体・建物解体に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは依頼場所や住宅の大きさなどを一度ご入力いただくだけで複数の解体業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
届いた見積もりや提案などを比較するだけで、解体にかかる費用はもちろん、解体実績、解体期間、担当者の対応、アフターフォロー、など解体業者を様々な視点から比較しながら探すことができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

一括見積もり・一括資料請求
一括見積もり・一括資料請求

比較jpで解体工事業作yを比較するメリット

様々な面で空き家解体工事業者を比較。複数の業者を比較することで最適な1社が見つかるはずです。

格安・激安の解体業者が見つかる

格安・激安の解体業者が見つかる

比較jpは複数の解体業者へ一括で見積もり依頼が行えます。届いた見積もりなどを比較するだけで格安・激安の解体業者をお探しいただけます。

木造住宅の解体を得意としている業者を探せる

木造住宅の解体を得意としている業者を探せる

解体業者と言っても得意分野が異なります。木造など家の解体を得意としている会社もあれば、オフィスや店舗などの内装解体を得意としている会社もあります。木造住宅の解体を得意としている業者に依頼することで、解体費用を比較的安く抑えられるだけなく、工事期間を短くできるなどのメリットもあります。

要望に応えてくれる解体業者をお探しいただけます

要望に応えてくれる解体業者をお探しいただけます

「近隣に迷惑がかからないようにして欲しい」「土日に対応して欲しい」「不用品も処分して欲しい」「実績のある業者に依頼したい」「○○日までに作業を完了して欲しい」など様々なご要望があるかと思います。比較jpは一括見積もり依頼時にご要望をご入力いただくだけで、要望に応えられる業者から提案や見積もりを受けることが可能です。

その他にも様々なメリットがあります。

  • 支払い方法などでも比較できる
  • 対応の良い業者を探せる
  • 工事期間でも比較できる
  • 木造住宅などの解体実績の多い業者を探せる
一括見積もり・一括資料請求
一括見積もり・一括資料請求

ご利用の流れ

比較jpはわずか3ステップ!最短3分程度のご入力で一括依頼の送信が完了します。
業者選びにお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

簡単3ステップで、様々な登録業者から見積もりの連絡や提案などがあります。複数の業者を比較することで格安はもちろんサービスや担当者の対応も比較することができます。

よくある質問

無料で見積もり依頼や資料請求ができますか?

はい、無料で行えます。もちろん、何度ご利用いただいても費用はかかりません。

かならず契約しなければなりませんか?

そのようなことはありません。
予算や条件などご希望に合った提案がなければすべての提案をお断りしていただいてかまいません。

依頼後どのくらいで連絡がありますか?

最短で即日にご連絡があります。平均で2、3営業日程度とお考えください。

見積もり依頼や資料請求はどのように行えばよろしいでしょうか

こちらの依頼専用フォームよりご連絡ください

一括見積もり・一括資料請求
一括見積もり・一括資料請求

空き家を放置した場合に発生する10のリスク

治安が悪化する場合がある

空き家を解体せずに放置しておくと、治安の悪化につながるケースがあります。例えば、空き家で普段人がいないため、ホームレスや不良集団のたまり場となる可能性があります。また、不法侵入の他にも、ごみの放置や不法投棄などが行われることもあり、これらの犯罪に利用される危険性があります。

続きを読む

火災の危険性がある

空き家の放置によって、火災のリスクも高まります。空き家への放火や自然発火による火災が発生した場合、普段人が住んでいないために、通常の火災と比較して発見が遅くなる可能性があります。最悪の場合、空き家の火災によって隣家に延焼してしまい、大規模な火災につながる恐れもあります。

環境が悪化する恐れがある

空き家を放置した場合、人が住んでいる場合と比較して家の周辺の環境も悪化することになります。例えば、管理されない状態が続くことで悪臭が発生することや、動物の住処になることがあり、周辺の環境の悪化につながります。また、空き家の庭にある草木が伸びた状態で放置されれば、景観が損なわれることにもなります。

倒木や倒壊のリスクが高まる

空き家を放置しておくことで、倒木や倒壊の危険性も高まります。空き家に庭がある場合、植木が伸びた状態で長い期間放置されると、倒木の恐れがあります。隣家や通路に倒木が起きれば、近隣住民や通行人に危害を加えることにもつながります。
また、空き家は劣化が早いため、普段から管理されている家と比較すると倒壊の危険性も高まります。古い家の場合はさらに倒壊のリスクが高まり、耐震性に問題がある場合もあります。

固定資産税などの税金が高額になる場合がある

空き家を解体せずに放置しておくと、税金も高くなることがあります。普段管理されていなくても空き家は不動産になるため、固定資産税や相続税がかかります。
また、通常の不動産と比較して固定資産税が高くなる恐れもあります。建物のある土地の固定資産税は、もともと優遇されるという特例があります。しかし、「空き家対策の推進に関する特別措置法」によれば、倒壊などの危険性があるものや、景観や環境に対して不適切なものなど、自治体によって「特定空き家」に認定された場合、この特例から外されることがあります。そうなれば、約5倍に税金が上がる恐れもあります。

維持費が発生する

劣化が早い空き家は、多くの維持費もかかります。例えば、普段人が住まない空き家の室内は湿気や熱がこもりやすく、虫が活発になる原因の一つとなります。湿気や熱によって木製部分の劣化も進みます。また、屋根や壁が老朽化し、屋根の瓦の落下や壁のひび割れなどが発生することもあります。このような空き家の劣化が進む場合、木製部分や屋根、壁などの修理、害虫駆除などの対処が必要になり、通所の家と比較して多くの修理費がかかります。
また、庭の草木が伸び放題になれば、景観や環境のためにも定期的に草刈りをする必要があり、ここでも維持費がかかります。さらに長い期間使用していない水道管などが劣化して破裂などが起これば、それらの修理費もかかることになります。

行政代執行によって強制的な解体が行われる場合がある

行政代執行によって空き家の解体が強制的に行われる場合があります。「空き家対策の推進に関する特別措置法」では、放置するには危険性が高い空き家は「特定空き家」とされますが、この特定空き家に対して、強制執行として空き家の解体が行われることがあります。特定空き家に対しては、最初は解体や維持管理などの処置をするように行政からの助言がありますが、従わない場合は勧告や命令を受けることになり、さらに放置をした場合には行政代執行として強制的な解体が行われます。その際、解体費用は所有者が支払うことになります。

土地を有効活用することができない

空き家を放置した場合、その土地の活用が有効に行われないことになります。例えば、空き家を放置せずに解体し、その土地にマンションなどを建てれば、土地の有効活用につながります。空き家を放置してしまうと、それだけで税金や維持費などを支払うことになり、マンションなどを建てて経済的な効果を生み出す場合と比較してデメリットが多くなります。

周辺の資産価値が低下する

空き家によって景観が損なわれる場合、その周辺の景観にも影響を及ぼし、周囲一帯の資産価値が下がる恐れがあります。また、治安や環境面でのリスクが大きいことも、周辺の資産価値の低下につながります。周辺の資産価値が下がれば、空き家の資産価値もいっそう下がることになり、売却や賃貸を考えても経済的な効果が期待できないことになります。

第三者への損害賠償責任が発生する場合がある

空き家を解体せずに放置しておくと、通常の家の所有と比較して第三者への損害賠償責任のリスクが高まります。例えば、空き家の劣化か進むことで屋根の瓦が落下することや、倒壊、倒木などが起こり、近隣住民や通行人にけがを負わせてしまった場合、損害賠償責任が発生します。また、空き家の火災によって隣家に延焼が起こった場合にも、損害賠償責任が発生することがあります。