無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

家屋解体・建物解体工事業者・撤去費用を比較

比較jpは 内装工事(店舗)内装工事(オフィス・事務所)原状回復工事内装解体工事家屋解体・建物解体オフィスや店舗の家賃値下げ交渉移転害虫駆除自動販売機建築パース決済代行文書・重要書類・メディア保管レンタル観葉植物・オフィスグリーン看板・横断幕・懸垂幕入退室管理システムテレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム清掃会社引越し太陽光発電システム(ソーラーパネル)防犯カメラ・監視カメラ注文住宅リフォーム・リノベーション不動産の売却/査定畳・襖・網戸・障子の張替え など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

家屋解体・建物解体で主に用いられる10種の解体工法

解体工事工法

家屋や建物を解体する方法としては以下の2つに分かれます。

ミンチ解体

バケットやつかみ機を取り付けた重機を使い建築物を一気に取り壊す解体工法のことです。
工期も短いことから解体費用自体も安く過去には主流の工法だったのですが、2003年に「建築リサイクル法」が施工され、現在は禁止されています。
ミンチ解体では解体で出た木材・金属・ガラスなどすべての建設資材廃棄物材が混ざっている状態になるため、リサイクルが困難になります。またアスベストなどの有害物質が解体時に撒き散らされてしまう、廃棄物に混ざってしまうという危険性があるからです。

分別解体

解体工事で出る建設資材廃棄物を種類ごとに細かく分別し、リサイクルしていこうという工法です。
要件を満たす解体工事では事前に届出が必要です。現場では解体と分別を同時に行い廃棄物は分別しながら工事を進めなければなりません。
特に「コンクリート」「アスファルト」「木くず」に関しては手作業での分別となり、それを行うことによって解体工事で出る廃棄物の8割はリサイクルが可能になります。

木造建築解体

手壊し工法

文字通り手作業で壊していく工法です。バール・かじや等を用いて行います。
重機を用いないので道の狭い土地や住宅密集地でも作業ができます。騒音や振動が少なく、近隣に迷惑をあまりかけずに作業ができます。
また解体した廃棄物の分別もしやすくなるというメリットがあります。
ただ、工期が長くなり解体費用は高くなりますので家屋全体よりは一部建物を壊すときに向いています。

機械解体工法

現在木造建築の解体で最も一般的な工法で、重機で解体します。重機用の場所を確保するまでは前述の手壊しで作業することもあります。家屋解体した内部造作材、上屋は解体作業しながら種類ごとに分別します。
住宅街では家屋の周りを足場防音シートで仮囲いし、ハサミ機を取り付けた油圧ショベルによって解体を行います。大きな木造建築物でも対応できる工法ですが、振動や騒音が多く、粉塵も舞い飛びますので近隣への迷惑がかからないよう配慮が重要になります。

RC(鉄筋コンクリート造)、SRC(鉄骨鉄筋コンリート造)建築解体

カッター工法

油圧ショベルの先端に、鉄骨切断用アッタチメント(鉄骨切断カッター機)を取り付けた油圧ショベルを使用する、もしくはダイヤモンドブレードウォールソー(特殊軽量型万能カッター)を高速回転させて鉄筋コンクリートを切断する工法です。
ウォールソー工法では走行できる加圧機械に特殊軽量型万能カッターをセットして部位別に切断していきます。従来のハツリと比較して切断面の凹凸が無く綺麗に切断できます。
無振動で比較的コンクリート粉は少なく解体のスピードが早いため、大規模な建物解体にも対応できます。また解体部分以外の構造物に悪影響を与えることがありません。

圧砕工法

油圧で作動する鋏状の刃先(圧砕機)を油圧ショベルの先端に取り付け解体を行う工法です。油圧操作でコンクリートを破砕、鉄骨や鉄筋を切断します。
振動・騒音が比較的少なく(重機の運転音程度)、解体効率が良いのでコンクリート解体では最も使用されている工法ですが、粉塵の発生が多くなるため散水して飛散を防ぐ必要があります。

大型ブレーカー・ハンドブレーカー工法

通常ショベル系建設機械にブレーカーを取り付けて作業を行います。空気圧や油圧力でノミ先で繰り返し衝撃を加えることにより、コンクリートを砕いて破壊する工法になります。振動・騒音は大きくなるため粉塵が多くなり、散水による防塵が必要となります。
また重機が入れない狭い場所では、ハンドブレーカーで解体作業を行うこともあります。

ワイヤーソーイング工法

ダイヤモンド・ワイヤーソーを対象部に巻きつけ、駆動装置で高速回転させて切断する工法です。騒音は中レベル程度で振動も比較的小さく、粉塵・埃も少なくて済みます。
特に大型の鉄筋コンクリ-ト構造物の切断、解体に有効利用できます。

転倒工法

周辺への解体ガラの飛散を少なくするために行う工法です。外壁を内側に転倒させて衝撃による破壊を行います。倒した後コンクリートを運び出せる大きさに解体し搬出します。高い壁を倒すことにより高所作業などの危険な作業を少なくすることができます。
また、敷地境界周辺での作業を最小限にすることができます。

アブレィシブウォータージェット工法

超高圧ウォータージェットとアブレイシブ切断を組み合わせた切断工法です。
超高圧水に微粒ガーネットを混ぜ、これを研磨剤として直径3mm程のノズルで鉄筋コンクリート面に噴出させ切断・解体する工法です。
騒音レベルが高いことと、ハンドブレーカー工法と比較すると高価になります。

静的破砕剤工法

静的破砕剤は水と練りまぜることにより凝固の過程で体積が増加します。その膨張圧を利用し、岩石やコンクリートを破砕する工法です。
破砕対象(コンクリートなど)に穴を開けた後、静的破砕剤を充填し膨張するのを待ちます。その他の解体工事と比較して爆音や振動を抑えることができる上に正確な破砕作業が可能です。また、破片や粉塵も少なくてすみます。建物解体では基礎の破砕工事に有効です。

ミニブラスティング工法

少量の小口径、少薬量の高性能爆薬を用いて限定的で小規模な破壊を行う発破のことです。ここだけ壊したいという場合に有効です。発破技士以上の有資格者が行います。
海外では盛んに採用されていますが日本では普及していないのが現状です。
火薬類を使用する発破解体工法は、騒音、振動、飛散物および粉じんの防止や軽減か課題であり、環境面や保安上の問題も抱えているためです。
工期短縮,労力低減も可能なので環境にやさしく制御された(安全・低騒音・低振動、低粉塵など)発破工法の研究が進められているようです。

PR:比較jpは家屋解体・建物解体工事に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは家屋解体・建物解体・撤去工事に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
届いた見積もりや提案などを比較するだけで、解体費用や撤去費用はもちろん、工事期間や施工実績、担当者の対応など工事業者を様々な面から比較し探すことができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「家屋解体・建物解体工事業者を比較」のページにてご確認いただけます。

日本最大級のマッチングサイト
日本最大級のマッチングサイト

家屋解体・建物解体・撤去工事業者を比較できるビジネスマッチングサイト