無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

原状回復工事会社・回復費用を比較

比較jpは 内装工事(店舗)内装工事(オフィス・事務所)原状回復工事内装解体工事家屋解体・建物解体オフィスや店舗の家賃値下げ交渉移転害虫駆除自動販売機建築パース決済代行文書・重要書類・メディア保管レンタル観葉植物・オフィスグリーン看板・横断幕・懸垂幕入退室管理システムテレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム清掃会社 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

オフィスや店舗の原状回復トラブルを避けるための大切な9つのポイント

1.入居前の物件の状態を確認しておく

原状回復義務とは、店舗・オフィスを借りているテナント側が、返却時に物件を入居時の状態に戻す義務のことです。ほとんどの店舗の賃貸借契約では、入居時に新たに設置した設備は、退去時に解体工事業者に依頼して撤去しなければなりません。工事は格安・激安の業者に依頼することも可能ですが、多くの場合は、貸主側が指定した業者が行うことになります。
現状回復については、物件の返却時に比較的トラブルになりやすく、そういったことを避けるために、あらかじめ適切な対策を取っておく必要があります。
まず、気をつけなければいけないことは、入居する前に物件の状態をきちんと確認しておくことです。こうすることで、入居前から破損している箇所などがある場合、返却時に修理費負担などの責任を負わずに済みます。
確認の際は、管理人などの立ち合いのもと、傷や故障個所等を一つ一つチェックし、写真などの記録に残して、貸主側でも同じ書類を保管してもらうようにしましょう。

2.契約内容を確認しておく

契約時、契約内容をきちんと確認しておくことも、原状回復のトラブルを避けるためには必要です。
店舗・オフィスの退去前に、照明やエアコンなどの設備を新品にするように求められたとか、原状回復工事に解体工事業者から高額な費用を請求されたなど、原状回復に関するトラブルは後を絶ちません。必要のない負担を強いられ、疑問に思いながらも従ってしまうケースが比較的多いのも実情です。
こうした問題の多くは、事前に契約内容を確認しておくことで防ぐことができます。また、テナント契約の終了時、原状回復にまつわることで少しでも疑問を感じたら、すぐに契約内容を見直すことも大切です。

3.入居時の状態を再度確認する

店舗・オフィスの入居前の状態確認は必須ですが、実際の入居時にも、再度状態確認を行っておきましょう。
この時点で、入居前の確認時にはなかった傷や、設備の故障等が見つかれば、原状回復時に費用を負担する必要がなくなります。逆に、こうした問題を見落としていると、退去時に不必要な負担を強いられることになりかねません。
建物の状態を再度細かく見回り、前回と異なる点がないかどうかをチェックしておきましょう。

4.設置機器の故障時は貸主に連絡する

エアコンなどの入居前から設置されている機器や、トイレ、水回りなどに何らかの不具合が生じた場合は、すぐに管理会社等に連絡しましょう。既存の設備の修理は、基本的に貸主側に責任があり、修理にかかる費用も貸主が負担することになります。
逆に、こうした不具合を知らせずに放置して、被害が大きくなった場合は、借主のテナント側が修理費を負担しなければなりません。そうなると、原状回復工事の際、費用が高額になる場合もあるので、注意が必要です。

5.丁寧な使用を心がける

原状回復時にトラブルにならないためには、店舗・オフィスを借りている物件を、丁寧に使用することも大事です。
前述のように、入居前についていた傷や、設備の不具合などに対しては、借主のテナント側は修理費用の負担を負う義務はありません。しかし、不当な使用や管理の怠りなどによって、建物や設備に不具合が生じた場合は、借主側に原状回復の義務が生じます。
このようなことにならないためにも、テナントの使用中は、くれぐれも掃除や管理を適切に行うことが大切です。

6.契約書の特約をしっかり確認する

すでに述べたように、通常の賃貸借契約においては、経年変化や通常の使用による建物や設備の損耗は、貸主側が原状回復義務を負うのが普通です。しかし、テナント契約の場合、契約時に「特約」を交わすことによって、これらの義務を借主側に負わせることも可能になります。
こうした特約を交わす際は、借主がこれについて明確に認識しておくことが必要ですが、場合によっては特約について知らないまま契約してしまうこともありえます。その場合、修理等に比較的高額な費用を請求されることにもなりかねません。
そうしたことを避けるために、店舗やオフィスを借りる際は、特約についてしっかり確認しておくことが大事です。

7.原状回復工事を行う業者について確認しておく

店舗やオフィスを引き払う際、原状回復工事を行うにあたっては、貸主側が指定する解体工事業者が工事を行うのが一般的です。しかし、こうした業者の出す見積もりが果たして適正なのかどうか、よくわからないということも多いでしょう。
費用を負担するのは店舗側ですから、コストを抑えるため、なるべく格安・激安の業者を選んで工事を依頼したいところですが、実際は、契約後に指定の業者を変更することは難しいと言わざるをえません。ですので、どのような業者が指定されているのか、工事の内容や範囲などについても、契約前に確認しておいた方がよいでしょう。

8.期日を考慮し、ゆとりある返却を心がける

店舗・オフィスを引き払うにあたっては、退去日から逆算して、ゆとりを持った退去計画を立てることも大事です。
営業を考え、退去日直前になって原状回復工事を行った場合、工期がギリギリになり、不慮の事故や工事の不備を招きかねません。そうなると、オーナー側との間に、不必要なトラブルが生じる可能性もあります。こうしたことのないように、期日に余裕をもって工事を行うよう心がけましょう。

9.原状回復の範囲を確認する

工事を行う前に、どこまでの範囲を原状回復するかという点についても、貸主側に確認しておきましょう。
例えば、新たに店舗・オフィスに据え付けた照明器具などは、貸主側が残したいと希望する場合もあります。借主側にとっても、撤去する設備が少なければそれだけコストも抑えられるので、こうした点について確認しておくことは大事です。
また、場合によっては通常損耗も回復の範囲に含まれることがあるので、その際はどこまでが範囲となるかという点についても、貸主側に確認しておいた方がよいでしょう。

PR:比較jpは原状回復工事に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは原状回復工事に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
届いた見積もりや提案などを比較するだけで、回復費用はもちろん、工事期間や施工実績、担当者の対応など工事会社を様々な面から比較し探すことができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「原状回復工事会社を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集