無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

原状回復工事会社・回復費用を比較

比較jpは 内装工事(店舗)内装工事(オフィス・事務所)原状回復工事内装解体工事家屋解体・建物解体オフィスや店舗の家賃値下げ交渉移転害虫駆除自動販売機建築パース決済代行文書・重要書類・メディア保管レンタル観葉植物・オフィスグリーン看板・横断幕・懸垂幕入退室管理システムテレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム清掃会社 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

原状回復工事費用が激安・格安になりやすい7つの条件

工事現場に駐車場があること

原状回復工事が激安・格安になりやすい条件の1つに駐車場があります。原状回復工事では、資材や設備の運搬が多く行われる傾向にあり、これらの運搬は車で行われるため、工事現場のそばに駐車場があれば、工事業者も運搬作業をスムーズに進めることが可能です。一方、工事現場に駐車場がない場合、近くの有料の駐車場を使用することになるため、その分費用がかかります。また、車への運搬作業も手間がかかるため、その分だけ運搬費用がかかることになります。

低層階の物件であること

原状回復工事を行う物件が低層階であることも、工事が激安・格安になりやすい条件になります。
上層階の物件になれば階段やエレベーターなどを使用して資材や廃材などを運搬する必要があるため、工事業者にとっては非常に手間がかかり、その分費用は高くなる傾向にあります。低層階の物件と比較して、上層階の物件よりも比較的スムーズな運搬作業ができるため運搬費用を抑えることが可能です。1階の物件であれば、さらに手間をかけずに作業ができるため、工事費用も激安・格安になりやすくなります。

物件の構造や内装が簡単であること

原状回復工事は、物件の構造や内装が簡単であればあるほど、激安・格安で行うことができます。例えば、物件の中に作り付けの棚や間仕切りなどがある場合、これらを撤去するための人件費や処分費がかかります。また、内装に装飾品などが多いような場合も、撤去費用は比較的高くなる傾向にあります。一方で、シンプルな構造や内装の物件であれば、その分だけ撤去費用も安くなります。

大型の物件で坪単価が安くなること

原状回復工事の費用の目安として坪単価があります。物件によって異なりますが、坪単価(坪・㎡)に物件の面積を掛けたものが、原状回復工事の費用の一つの目安になります。大型の物件では解体する面積が多くなりますが、広い物件内では解体などの作業がスムーズに進みやすくなるため、小規模物件と比較すると坪単価は安くなりやすい傾向にあります。
ただし、大型のタワービルなどの場合には坪単価が高くなることがあります。また、大型物件の中でも工事業者や立地条件などで坪単価は変わってきます。

引き渡し日までに余裕があること

物件の引き渡し日までに余裕があることも、原状回復工事を激安・格安で依頼するための条件になります。引き渡し日までに余裕があれば、工事日程を余裕をもって決めることができ、工事業者も無理なく工事を進めることができます。工事業者にとって無理のない日程なら、価格交渉などにも応じてもらいやすくなるはずです。
反対に、引き渡し日までに余裕がない場合は、工事の日程にも余裕がなく、厳しい日程での工事になるため、工事に多くの人数が必要となることや、狭いスペースに多くの人員が動くことになり作業効率が悪くなる傾向にあります。そのため引き渡し日までに余裕がある原状回復工事と比較して費用も高くなってしまいます。激安・格安で工事を行ってもらうためにも、引き渡し日までに余裕のある内に原状回復工事業者に依頼するようにしましょう。

使用していた機器・備品を買い取ってもらうこと

原状回復工事の費用を激安・格安にするためには、物件で使用していた機器や備品を買い取ってもらうことも一つの方法になります。オフィスや事務所であれば、オフィス家具やコピー機など、飲食店などであれば厨房機器や椅子、テーブルなどがそろっている場合がほとんどです。これらの設備の中で買い取ってもらえるものは買い取ってもらうことで、全体的な工事費用の削減につながります。原状回復工事で物件の中に今後使用しない設備がある場合には、工事業者だけでなく買取業者とも相談してみましょう。

自分で処分できるものは処分すること

原状回復工事を行う際に、自分で処分できるものを自分で処分することも、工事費用を激安・格安にする条件になります。物件の中にある全ての設備の運搬や解体を工事業者に依頼した場合、その分だけ費用は高くなります。しかし、自分で処分できるものがあれば、工事費用を安く抑えることが可能です。
自分で処分する方法としては、上記の買取業者などに買い取ってもらう方法の他に、自治体などで処分してもらう方法もあります。自分たちで処分できる物は処分し、原状回復工事を少しでも格安・激安にしましょう。

PR:比較jpは原状回復工事に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは原状回復工事に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
届いた見積もりや提案などを比較するだけで、回復費用はもちろん、工事期間や施工実績、担当者の対応など工事会社を様々な面から比較し探すことができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「原状回復工事会社を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集