• 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

動画広告の種類と特徴

動画広告の種類とその特徴

動画制作・映像撮影会社を比較

比較jpは 動画制作・映像撮影写真撮影代行デジタルカタログデジタルサイネージ(電子看板) など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

YouTube、Facebook、Twitter、Instagram、Snapchatの動画広告の特徴

動画広告は、現在、企業のマーケティング手法として大きな意義を持つようになっています。多くの企業が、商品や自社のPRのための動画制作を行い、さまざまなサイトで配信しています。
動画広告にはいくつか種類がありますが、それぞれ特徴を持ち、メリットとデメリットの両方を備えています。いくつかご紹介していきましょう。

1.再生回数最多のYouTube

YouTubeは、現在最も多くの再生回数を誇る動画サイトとして有名です。比較的若年層のユーザーが多いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は、老若男女問わず幅広い世代に利用されています。そのため、若年層に限らず、ターゲットとなる年齢層を選べるといった特徴があります。
また、YouTubeの「TrueViewインストリーム広告」というシステムは、動画広告を30秒以上見るか、動画広告を操作(クリックしてウェブサイトへアクセスするなど)するかしないと、料金が課されない仕組みになっています。なるべく広告費を抑えたいという企業にとっては、メリットの大きいシステムと言えます。
逆にデメリットとしては、動画広告を飛ばされやすい、強制的に広告を見せられることで、悪いイメージを持たれかねない、といったことがあります。

2.ターゲティングが細かく設定できるFacebook

Facebookは、世界的に多くのユーザー数を誇るSNSです。日本でもやはり、幅広い年代に利用されています。
Facebookの動画広告は、タイムラインで自動的に流される仕組みになっています。YouTubeの場合と違って、ユーザーが強制的に広告を見せられるというストレスはそれほどありません。さらに、デフォルトの設定では、動画広告が無音の状態で流れるようになっているため、より一層無理のない形で商品や自社をアピールすることができます。
また、Facebookの動画広告の利点として、細かいターゲティング設定が可能という点があります。Facebookの広告で指定できるユーザー属性の種類としては、「地域」、「年齢」、「性別」、「言語」の他、「交際」や「学歴」、「住居」、「民族」、「世代」、また、「子どもがいる人」など、細かいセグメントを切った精密なターゲティングが可能です。
デメリットとしては、動画を詳しく、しっかり見せることには向いていないということが挙げられます。

3.テレビと相性が良いTwitter

Twitterは、日本では非常に高い人気を誇っており、ユーザー数も4,000万人を超えるなど、国民的なSNSとして認知されています。
世界的に見ても珍しいくらい、多様な使われ方をしている日本のTwitterですが、特に高い親和性を示しているのが、テレビとの関係です。ドラマやアニメの放送に合わせ、さまざまなツイートをしたり、同じフレーズを一斉にツイートするなど、日本においてテレビとTwitterは、非常に相性が良いと言えます。
このことから、飲食関係やレジャー関係、映画宣伝など、テレビと連動した動画広告を出したいという企業にとって、Twitterは最適なSNSであると言うことができます。
逆にデメリットとしては、即時性が高い種類のメディアのため、長期的な動画配信には向いていないという面があります。

4.若い女性に人気のInstagram

Instagramは、20~30代の女性に高い人気を誇り、最近急成長している画像共有サービスです。動画は、コンテンツの間に挟まれる「インフィード広告」と呼ばれる種類のもので、自動配信も可能です。
ユーザーの年齢層が比較的若く、しかも女性が中心という特徴を持っているInstagramは、若い女性をターゲットにしたい企業にとって最適のメディアだと言えます。また、Instagramの動画広告は、独自の工夫を凝らして制作されたものが多いのも特徴です。
主なユーザー層に合わせ、おしゃれで凝った作りの動画を作ることで、美的なセンスに敏感なユーザーの興味を引くことができます。逆に言えば、ありふれた動画広告では、ユーザーの印象を悪くしかねないというデメリットはありますが、創意を凝らしたおしゃれな動画を制作・配信することで、自社のイメージを格段にアップできるチャンスがあります。

5.海外で人気のSnapchat

Snapchat(スナップチャット)は、現在主に、海外で人気が急上昇しているメッセージアプリです。ユーザーのほとんどが、10代や20代の若者となっています。最大の特徴は、一定の時間を過ぎると写真や動画が自動的に消滅する機能で、開封する際のスリルや、後のリスクを考えなくてよいという気軽さが人気のポイントです。
現在は海外人気が先行していますが、日本でも浸透する可能性を秘めており、今後動画広告を出稿する企業は増えると見られています。
Snapchatの動画広告の種類は、縦型フォーマットで100%表示ができるという、3V(Virtical・Video・View)と呼ばれるものです。広告が大きな画面で表示できるのは、広告主にとってはかなり魅力的でしょう。動画の尺は10秒で、ユーザーは途中でスキップすることもできます。
Snapchatで動画広告を配信するメリットとしては、高校生や大学生などの若年層にアピールしたい企業にとっては、非常に効果が高いということがあります。また、新規のメディアに率先して進出することで、企業イメージをアップさせることもできます。
一方デメリットとしては、30代以上の年齢層がターゲットの場合、広告効果が比較的薄くなってしまうという点があります。

PR:比較jpは映像製作・動画制作に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは利用目的や予算などをご入力いただくだけで複数の映像製作・動画制作会社に一括で見積もり依頼が行える比較サイトです。
届いた見積もりや提案を比較するだけで貴社にとって最適な業者を見つけることが可能です。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「動画制作・映像撮影会社を比較」のページにてご確認いただけます。

日本最大級のマッチングサイト

動画制作・映像撮影会社を比較できるビジネスマッチングサイト

比較jpは 動画制作・映像撮影写真撮影代行デジタルカタログデジタルサイネージ(電子看板) など様々な分野について一括見積もりや資料請求依頼が無料で行えます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集