無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

店舗の内装工事を比較

比較jpは 内装工事(店舗)内装工事(オフィス・事務所)原状回復工事内装解体工事家屋解体・建物解体オフィスや店舗の家賃値下げ交渉移転害虫駆除自動販売機建築パース決済代行文書・重要書類・メディア保管レンタル観葉植物・オフィスグリーン看板・横断幕・懸垂幕入退室管理システムテレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム清掃会社 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

店舗の選定基準

飲食店を開業したいと考えたとき、一番重要になのが店舗選定です。どこに、どのような物件を借りれば最も利益が出るのか、十分に考えて決めなくてはいけません。店舗経営の失敗の多くは、最初の物件選定ミスです。立地が悪かったり、家賃が高すぎたり、店舗自体に問題があったりと、理由はさまざまですが、店舗物件の選定によって、今後の経営が成功するか否かの別れ道になるのは、確かです。重要なのは店舗選定のための正しい情報と知識。自分のお店のコンセプトと照らし合わせ、しっかりとした選定基準をもって物件を探すことが大切です。ここでは正しい店舗の具体的な選定基準について考えていきましょう。

店舗の選定基準:通行量が多い立地を選ぶ

お店の存在を知ってもらうためには、多くの人が店舗の前を通らなければいけません。たくさん通れば通るほど、入店率が高くなるからです。
そのためにも、店舗の前の通行量は、綿密に調査しなくてはいけません。曜日や時間帯によっても通行量は変わりますから、さまざまな曜日や時間帯で調べる必要があります。
それらを綿密に調査した上で通行量の多い物件を選定するとよいでしょう。

店舗の選定基準:お客様が入店しやすい物件

店頭までせっかくお客様が来ても、入り口で入りにくかったら、入店せずに帰ってしまうかもしれません。例えば、入り口や窓から店内の様子が見えにくい店舗は、心理的に人は入りにくかったりします。お客様がお店の存在を認知し、抵抗なく入れるような造りの物件選びが大切です。
ただし、同じ飲食店でも、バーなどの飲み屋の場合は、逆に店内の様子は見えない方がいい場合もあります。つまり、そのお店のコンセプトに合ったお客様が入店しやすいことが肝心なのです。このことを選定基準とし、実際に物件の現場にいって、自分の目でよく店舗の様子を観察することが必要になってきます。

店舗の選定基準:周囲に同業種の店舗がないか

出した店舗と同業種の店舗が近くにないというのも、大事な物件選びのポイントです。
例えば、カフェを経営したいときに、選定した店舗の近くにカフェがいくつかあったらどうでしょう。自分の店舗とライバル店との差別化を図らないといけなくなり、外装などの改築で余計な費用が生じるかもしれませんし、場合によっては商品の価格競争になりかねません。また、店舗どうし、お互いが気持ちよく経営できないというデメリットもあります。
しかし、候補の物件がある地域に、たまたま多くの飲食店が点在している場合もあります。そのときは、ライバル店が何店舗存在しているか調べる必要があります。この地域の商圏の人口を調査すれば、人口に対して、店舗の数が多いのか少ないのかがわかります。候補の店舗を選定する基準として、現場の調査は必要不可欠です。

店舗の選定基準:賃料が月の売り上げの1割

店舗の賃料は、毎月必ずかかってきますから、妥当な賃料の物件にする必要があります。
無理がない賃料は、月の売り上げの1割とよく言われます。例えば、月の売り上げが500万円だったら、賃料は50万円だと無理がないことになります。
しかし、売り上げの予測は難しいものです。これくらい売り上げられるだろうと予測していたのに反して、極端に少ない場合もあるでしょう。そういう事態を回避するためにも、売り上げ予測をしっかりとして、今後の経営の具体的なシミュレーションをしておくことが大切です。

店舗の選定基準:適切な店舗面積

座席数や従業員のスペースなどを含んだ、店舗面積が確保できている物件を選ぶことが大切です。お客様に対し、店舗の面積が広すぎると無駄な家賃が発生しますし、狭すぎると売上の規模自体が小さくなります。1坪当たりの売り上げを計算して、どの広さだと一番利益が出やすいのかを考え、店舗選定の基準にするとよいでしょう。
また、必要な設備の面積が確保できるかも重要なポイントです。
駐車場を作る面積があるのか、必要な設備を置くスペースはあるのか。そういったことも綿密に計算しておくことで、よい物件を選定できます。

店舗の選定基準のまとめ

店舗物件を探して、いくつか候補を見つけたあとは、上記のような選定基準で、契約する店舗を決めるとよいでしょう。
店舗を探す際に注意したいのは、ネットの情報を鵜呑みにしないということです。物件の情報も、物件のある周囲の状況も、また、どのような人がその物件の周りに存在するのかも、現場に足を運ばないと分かりません。自分の足で周辺を歩き、現地の様子を徹底的に調査することが何より重要です。地域あっての物件です。物件だけに拘って選定しようとすると、失敗します。駅からの距離を実際に歩いてみるのもいいですし、また店舗の近くに何か不審な建物などがないか、また物騒な通りなどないかを確認するのもいいでしょう。
あらかじめ選定基準をしっかりと持って、現場の調査をすることで、効率よく動けますし、
失敗のない店舗選定ができるでしょう。

PR:比較jpは店舗の内装工事に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは工事物件やご予算などをご入力いただくだけで複数の内装工事業者へ一括で見積もり依頼が行えます。
あとは待っているだけで複数の業者より見積もりや提案が届きますので、費用はもちろん、デザインや対応、実績など様々な条件で比較し希望に合った業者を簡単にお探しいただけます。
もちろん見積もり依頼は無料!

詳しくは「店舗の内装工事会社を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集