不要品回収を一括見積もりで比較

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

不要品業者・回収費用を比較

不要品回収業者を無料で比較できる比較jp。最短3分程度の入力でカンタンに一括見積もり依頼が行えます。 格安・激安など回収費用の比較はもちろんスピード、対応可能な日程、買取の有無、データ消去(パソコンなどの)、担当者の対応、など様々な視点で回収業者を比較しながら探すことができます。

不要品の回収依頼でこんなお悩みはありませんか?

  • 不要品の回収を格安・激安で行ってくれる業者を探している
  • すぐに来てくれる業者に依頼したい
  • 重くて(または大きくて)部屋から運び出せないので運び出しもお願いしたい
  • 深夜でも対応できる業者を探している
  • 中古の業務用コピー機を回収して欲しい
  • 1点でも気持ちよく対応してくれる業者の中で比較したい
  • 引越しに伴い不要品が大量にあるのでまとめて回収してほしい
  • 値段がつく物は買い取ってほしい
  • クレジットカード払いができる不要品回収業者の中で比較したい

など不要品の回収依頼でお困りではありませんか?
比較jpが不要品回収業者探しの悩みを解決致します。
最短3分程度のご入力でカンタンに一括見積もり依頼が可能です。もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

こんなお悩みはありませんか?

比較jpは不要品回収に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは回収して欲しい物や回収希望日などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
届いた見積もりや提案などを比較するだけで、格安・激安などの回収費用はもちろん、対応スピートや担当者の対応、など様々な面から回収業者を比較し最適な依頼先を探すことができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

一括見積もり・一括資料請求

比較jpで不要品回収業者を比較するメリット

様々な面で不要品回収業者を比較。複数の業者を比較することで最適な1社が見つかるはずです。

回収費用を比較して格安・激安の業者が見つかる

回収費用を比較して格安・激安の業者が見つかる

不要品の回収費用は回収業者によって大きく異なります。比較jpは複数の回収業者へ一括で見積もり依頼が行えますので、届いた見積もりなどを比較するだけで格安・激安の業者をお探しいただけます。また、部屋から運び出す場合には運搬費用、運搬のために解体が必要な場合は解体費用などが別途かかる場合があります。比較jpは回収だけなく、運搬や解体などが必要な場合にはそれらも合わせて見積もり依頼が行えますので、回収にかかる費用をトータル的に比較することが可能です。

どんな不要品でも一括見積もり以外が可能

どんな不要品でも一括見積もり以外が可能

タンスやテーブルなどはもちろん、市区町村では回収してもらないエアコン、パソコン、タイヤ、消化器などの見積もり依頼も可能です。

希望の回収日や回収時間に対応してくれる業者を探せる

希望の回収日や回収時間に対応してくれる業者を探せる

仕事都合や近隣住人の迷惑を考えると平日や日中に対応できない方も多いかと思います。見積もり依頼の入力時にご希望の日時をご入力いただくだけで、ご希望の日時に対応できる業者から見積もりや提案を受けることが可能です。

その他にも様々な要望に対応できる業者を探せる

その他にも様々な要望に対応できる業者を探せる

「女性に対応してもらいたい」「パソコンのデータを消去して欲しい」「家具の解体もして欲しい」「可能であれば買取をしてほしい」などお客様の様々な要望に対応できる回収業者をカンタンにお探しいただけます。

その他にも様々なメリットがあります。

  • 近くの業者を探せる
  • 対応の良い業者に依頼できる
  • 必要な資格を持っている(許認可を得ている)業者を探せる
一括見積もり・一括資料請求

ご利用の流れ

比較jpはわずか3ステップ!最短3分程度のご入力で一括依頼の送信が完了します。
業者選びにお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

簡単3ステップで、様々な登録業者から見積もりの連絡や提案などがあります。複数の業者を比較することで格安はもちろんサービスや担当者の対応も比較することができます。

よくある質問

無料で見積もり依頼や資料請求ができますか?

はい、無料で行えます。もちろん、何度ご利用いただいても費用はかかりません。

かならず契約しなければなりませんか?

そのようなことはありません。
予算や条件などご希望に合った提案がなければすべての提案をお断りしていただいてかまいません。

依頼後どのくらいで連絡がありますか?

最短で即日にご連絡があります。平均で2、3営業日程度とお考えください。

見積もり依頼や資料請求はどのように行えばよろしいでしょうか

こちらの依頼専用フォームよりご連絡ください

一括見積もり・一括資料請求

悪徳不要品回収業者を選ばないための6つのポイント

モノ余り時代の現代、不要品はどうしても出てしまいますね。しかし、環境保護や資源リサイクルのために不要品は簡単には捨てることができず、どうしても不要品回収業者に有料で引き取ってもらうしかなくなっています。しかし、そのような機会が増え、不要品回収業者が増えれば増える程、悪徳不要品回収業者も増えて、膨大な回収費用を要求されたり、処理トラブルが起きるリスクも出てきました。そこで不要品の回収を依頼する時に悪徳不要品回収業者を選ばないですむ6つのポイントを紹介しましょう。

無料という言葉に騙されない

不要品の処分ですから、なるべくコストは低く抑えたいというのは人の心理です。しかし、そこにつけ込む悪徳不要品回収業者が存在します。よくチラシを入れて無料回収を謳って回収に回る業者がいます。また、無料回収を謳いながらオフィス街や町内を巡回する業者もいます。そして、実際に呼んで依頼してみると、これは有料ですと言う業者は良いほうで、回収車に積み込んでから料金を請求する業者もいます。たいていがトラブルになりますが、泣き寝入りになってしまっているケースも多くあります。そのような場合の業者の言い分は「全てが無料とは言っていない」です。チラシの誇大広告なわけで、悪徳不要品回収業者にはくれぐれも注意しておく必要があります。きちんとした業者は最初から「これは有料になります」と、無料のものと有料のものは区別して伝えてくれますし、買取可能な品も言ってくれる場合があります。無料という言葉にはくれぐれも注意しましょう。チラシで呼ぶ場合にも、何が無料なのかを業者間で比較確認して呼ぶと良いでしょう。

見積もりを必ず確認する

そのような悪徳不要品回収業者を回避するポイントは、チラシだけで回収に呼ぶのではなくも事前の見積もりを出してもらうことです。見積もりに来ない業者は問題外でしょう。不要品が小さいもので1つや2つであれば、電話で確認するのもよいですが、不要品が少ないと回収コストがかかるため、高いものにつく可能性があります。ですから、ある程度不要品がたまってから見積もりをとって無料、有料の区分を明確にするようにしてください。そしてできれば、複数の回収業者に見積もりをとって比較してみるのがいいでしょう。それぞれをしっかりと見積もりの確認しておかないと、あとで追加料金を請求されることもありますので、細部まで確認してください。

支払う前に領収書の発行を依頼する

悪徳不要品回収業者には所在地を明確にせず、回収車を巡回させながら営業しているケースがあります。そのような業者はトラブルになっても後から所在を確認しようとしてもつかまらない場合が多く見受けられます。またそのような不要品回収業者は得てして領収書の発行を拒否するケースがあり、悪徳業者の典型と言えます。領収書を発行しない場合、明らかに何か後ろめたいものがある業者であり、そのような業者には依頼しないようにしてください。見積もりをとる段階や、支払う前には必ず領収書の発行を依頼してください。

廃棄物収集運搬の許可の有無を確認する

不要品回収業者が粗大ゴミ・不要品などを有料で回収するには一般廃棄物収集運搬の許可が必要です。悪徳不要品回収業者は許認可を取らずに営業しているケースがほとんどです。ですから、所在をはっきりさせなかったり、領収書を発行するのを拒むのです。有料での不要品回収はそれ自体が違法であり、本当に適正な処分をしているかわかりません。従って、依頼する際には必ず書面で廃棄物収集運搬の許可を確認するようにしてください。それが悪徳不要品回収業者にあわないためのポイントです。

回収後の処分方法の説明がない業者には依頼しない

悪徳不要品回収業者の中には、回収料金だけとって正規の処分や資源別のリサイクルをせず、山の中などに不法投棄したりするケースが多く見受けられます。テレビなどでも不法投棄のニュースがよく流れています。不要品回収に出した自転車が空き地に置き去りにされていたなどのケースもあり、トラブルに発展してしまうケースもあります。優良な不要品回収業者の場合には、回収後の処分方法について説明してくれます。しかし、悪徳業者は処分方法の説明をせず、話を別にそらすなどします。従って、見積もり段階や依頼段階で、必ず回収後の処分方法について説明を求めて、きちんとした説明が無い場合はその業者には契約しないようにしてください。

少しでも疑わしかったら断る

以上のポイントを参考にして、少しでも疑わしい点があれば、断ってください。また、契約後に見積もり以外で追加請求された場合になどには支払いを拒否しましょう。回収車に乗せた後で金額を変えてくる場合は悪質ですし、少しでも疑いがあれば、その時点で依頼をきっぱり断りましょう。トラブルになりそうな場合、その際には警察などを呼ぶことも必要です。

一括見積もり・一括資料請求
一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集