無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

使用する目的別にウォーターサーバーの選び方を比較

ウォーターサーバーを比較

比較jpは コピー機(複合機)ビジネスフォンパソコン・ノートパソコン購入パソコン修理データ復旧オフィス用品・事務用品レンタル機器・用品法人向けファイルサーバ・オンラインストレージウォーターサーバーLED照明防犯カメラ・監視カメラ自動販売機テレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム不用品回収家事代行ハウスクリーニングレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

目的別に探すウォーターサーバー

日本は世界でも少ない、水道水を普通に飲むことのできる国です。それだけに、日本人の水質へのこだわりは強く、その成分や効果が今注目されています。現在販売さ入れているウォーターサーバーの種類は6つに分けることができます。それは、味重視・災害対策重視・健康重視(育児、授乳と健康状態向上)・家庭形態重視(単身と家族)です。水は日々の生活には欠かせないものの一つです。それだけにどんな水を飲むのかを選択できるということはとても幸せなことであると言えるでしょう。どんな人がどんなウォーターサーバーがおススメなのかををご紹介していきます。

健康な子供を育てるためのウォーターサーバーチョイス

胎児や生まれたての赤ちゃんは成長した人間よりもデリケートです。特に栄養成分が臓器に及ぼす影響は成人とは比べものになりません。そこで気を付けたいのが、成分濃度です。
みなさんは、水の性質を表す言葉に「軟水」と「硬水」があることをご存知ですか?この「軟水」と「硬水」はカルシウム分が多く含まれているか否かで分けられています。硬水は軟水よりもカルシウム分が多く、それだけ胎児や赤ちゃんの体には影響が強いため粉ミルク用の水や妊娠中の飲用には軟水を選びましょう。
また、カルシウムとは逆に亜鉛は臓器の生成を助けるので、亜鉛の成分が含まれている軟水のウォーターサーバーはより効果を感じることができるでしょう。
そこでおススメしたいのが、富士山系の水域で採水される天然水です。富士山系の水にはバナジウム水脈という水脈があり、その水脈の地下273m地点という人工物の一切ない環境の水は本当に新鮮で衛生的な水です。また、このバナジウムは富士山麓の火成岩や玄武岩に多く含まれており、富士山麓だけでなくこの二つの地層がある山の天然水には同じ効果を期待できます。

食事を美味しくするウォーターサーバー

日本人にとって水は食に欠かせない要素の一つです。お酒やコーヒー・紅茶、日本茶を飲む習慣のある人は特に水にはこだわりがあります。また、和食に欠かせない出汁は水のうまみも重要な要素です。出汁は鰹節や昆布やうるめイワシからしみ出す旨味の抽出液です。そんな出汁に最適な水は雑味の少ないマイルドな軟水です。
特に米を育てる過程で使われる日本の川の水は素材の味を何倍にも引き立ててくれる効果があります。
この米を育てる水とは別に伝統ある日本酒の酒処、兵庫県の灘では六甲山系のまろやかな味わいの水に海水に含まれる成分である、リンやカリウムが加えられた水が酒造りに使われています。
また、最近の日本では各地方の特産物、特に果物を使ったジュースやお酒の生産が盛んになってきました。これらの水もすべて素材の味を生かして作るという意味でまろやかあるいは甘みのある水が好まれて使われています。
そういう意味でも料理を美味しくするウォーターサーバーには軟水のものを選びましょう。
アキタコマチという品種の米で有名な秋田県の「高清水」という酒は、山田錦という酒米と秋田市内を流れる奥羽山脈由来の水でできています。口当たりは本当に軽く、酒というより本当に川の水を飲んでいる感覚で味わえます。同じ日本酒でも秋田の「高清水」と兵庫県の灘の酒は全く異なり、日本酒好きの中でも好みが分かれます。
つまり、味重視のウォーターサーバーを選ぶときは、採水地が山地か平地の川か海に近い川かということに注目して選びましょう。

みんなで使うウォーターサーバーと一人で使うウォーターサーバー

現在市販されているウォーターサーバーは取り換えのパックが12Lのものや7.5Lのものなど様々で、当然のことながら一人暮らしなら、量の少ないものを選び、家族で使うなら12Lのものを選びましょう。また、一人暮らし、家族に関わらず利用する回数、取り換える頻度が女性の方が多ければ、サーバーの下にパックを補充するタイプのものか、軽量化されたパックを採用しているものを選びましょう。
さらに、単身者の場合は省スペース、不在が多くても確実に手元に届く配送システムを取っている販売元を選びましょう。
逆に家族世帯の場合は大量購入あるいは定期購入すると値引きのあるプランを設定している販売元が良いでしょう。

災害備蓄を目的にしたウォーターサーバー

突然の災害時、水は特に大切な備蓄食料となります。そこで気を付けておきたいのが、パックが取替え式か一回使い切りかということと災害時確実に水が手元に届くかということです。
全国配送や全国各地に採水地のある販売元なら、災害時にも水を手に入れられる可能性は高いでしょう。また、取替え式のウォーターサーバーでなければ災害が起きて取り換えが遅れてしまいパックが溜まっていくということはありません。

あなたのニーズに合わせたウォーターサーバー選びを

今回、この記事では様々な視点からウォーターサーバー選びをする際に役立つ情報をおしらせしました。
現在市販されているウォーターサーバーの中には、今回挙げた項目を全てクリアした製品もあります。また、デザイン性や室内のインテリアとの調和を重視すればまた違うウォーターサーバーの選択をすることもできるでしょう。つまり、市販されているウォーターサーバーはニーズに合わせた多彩な広がりがあり、誰もが自分の好きなウォーターサーバーを選ぶことができる時代が今まさに始まっているのです。

PR:比較jpはウォーターサーバーに関する一括見積もり・資料請求ができる比較マッチングサイトです

比較jpはウォーターサーバーに関する要望などを一度ご入力いただくだけで、複数の業者に一括で見積もり依頼や資料請求が行える比較サイトです。
届いた見積もりや提案を比較するだけで、水の購入費用はもちろん、契約期間や担当者対応、水質、電気代などについて比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「ウォーターサーバーを比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集