無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

一人暮らしに最適なウォーターサーバーの選び方について

ウォーターサーバーを比較

比較jpは コピー機(複合機)ビジネスフォンパソコン・ノートパソコン購入パソコン修理データ復旧オフィス用品・事務用品レンタル機器・用品法人向けファイルサーバ・オンラインストレージウォーターサーバーLED照明防犯カメラ・監視カメラ自動販売機テレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム不用品回収家事代行ハウスクリーニングレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

一人暮らしに適したウォーターサーバーの選び方

注文ノルマを確認

一人暮らし向けのウォーターサーバーを選ぶときに、気を付けなければならないポイントとして、注文ノルマがあります。ほとんどのウォーターサーバー会社では、毎月最低限注文しなければならない注文ノルマが設定されています。注文ノルマを知っておかないと水の消費が追い付かず、家にどんどん在庫を抱えてしまうことになりますので注意が必要です。
まずは、自分に合ったウォーターサーバーを比較するために、毎日どのくらいの水を必要としているのか考えてみましょう。
毎日の自炊にどのくらいに使うのか、朝のコーヒーや紅茶を飲むのにどのくらい使うのか、会社に飲み物を持参するのにも使うのかなど、人によって水を使う量は違うと思います。
あまり水を必要としない方だと1ヵ月6~7リットルほどですが、水を多く飲み、自炊にも使うのであれば1日で2~3リットルは平気で使い切ってしまうかと思います。
各ウォーターサーバー会社の注文ノルマの平均は、1ヵ月12リットルの会社が多いですが、一人暮らしであまり水を使わないという人向けに1ヵ月6~7リットル程の注文ノルマを設けている会社などもあります。
また、注文を1ヵ月スキップできる制度を設けている会社や注文ノルマがない会社もあります。スキップには条件があり、無料で行える会社と有料の会社がありますので必ず確認をし、自分に合った注文ノルマや制度を比較しながら検討してみてください。

ボトルが小さいものか、交換が簡単なものを選ぶ

一人暮らしの部屋はそんなにスペースがないことが多いですよね。そこで、各ウォーターサーバー会社のボトルの大きさも比較をしておく必要があります。
最近では12リットルタイプのボトルも増えてきましたが、今でも18リットルサイズの大きめのボトルも多く存在しています。ウォーターサーバーの上へボトルを差し込むタイプだと、2リットルのペットボトル9本分と6本分では持ち上げるのに必要な力が大きく異なります。特に一人暮らしの女性にとっては大変だと思いますし、無理をすれば危険を伴います。
そのため、12リットルタイプのコンパクトなボトルやもっと小さいサイズのボトル、またはボトルを足元で交換できるタイプのものを選ぶなど、ご自身に合ったサイズを見つける必要があります。
また、こまめにボトルの交換をするのが苦でなければ、卓上タイプのものもあります。卓上タイプだと、ボトルはさらにコンパクトなものになりますので水の交換が非常に楽になります。ウォーターサーバーを選ぶ際はボトルのサイズについても比較してみてください。

配達の利便性

ウォーターサーバーの配達にも選び方のポイントがあります。配達方法は、ウォーターサーバー会社による自社配達か宅配業者を通して配達される2パターンがあります。また、指定した曜日に定期的にボトルが配達される会社と、必要な時に注文して配達を依頼するパターンがあります。
一人暮らし向けのウォーターサーバーの会社を決めるときには配達の内容についても確認し、各会社の比較をしておかないといけません。一人暮らしのため日中家にいないことが多く、水を受け取れない…受け取りを指定したい時間帯が指定できない…なんてこともあります。
また、配達は全国どこでも無料の場合が多いですが、配達場所によっては一部有料にしている場合もありますので、注意が必要です。
ウォーターサーバーを選ぶ際は配達方法なども注意しながら比較してみてください。

場所を取らないサーバーがいい

ウォーターサーバーは3~4人の家族向けに作られている物が多いため、一人暮らしのためのウォーターサーバーを探すときにはウォーターサーバーの大きさついても確認しておきましょう。
サーバーの選び方を間違えるとスペースの取れない一人暮らしの部屋に大きなウォーターサーバーを置くことになってしまいます。そのため一人暮らしの部屋にスペースが確保できないと、かえってウォーターサーバーが邪魔になってしまうので、サーバーの大きさや形も比較しなければなりません。
最近はデザインや色がおしゃれなウォーターサーバーもありますが、まずはスペースに合うサイズの中で比較検討するようにしてみてください。

回収型ボトルか使い捨て型のボトルか

回収型ボトルか、使い捨て型ボトルか、も確認しておきましょう。
回収型のボトルは使い終わったボトルを次回の配達時に業者が回収してくれるタイプです。一方で使い捨て型のボトルは使い終わったボトルをペットボトルなどのごみとして自身で破棄できるタイプです。
回収型は比較的頑丈にできているためちょっとやそっとでは壊れることはありません。しかし使い終わった後にボルトを回収してもらうまでの間、家の中にボトルを置いておく必要があります。そのため一人暮らしの部屋に空のボルトと未使用の新しいボルトの両方を置いておくスペースが必要になります。一方で使い捨てのボトルだと使い終わったボトルをそのままゴミとして処分することができますが、回収型と比較すると若干お値段が高くなる傾向にあります。
ウォーターサーバーを選ぶ際はご自身の生活環境に合った物を比較して選ぶようにしてみてください。

PR:比較jpはウォーターサーバーに関する一括見積もり・資料請求ができる比較マッチングサイトです

比較jpはウォーターサーバーに関する要望などを一度ご入力いただくだけで、複数の業者に一括で見積もり依頼や資料請求が行える比較サイトです。
届いた見積もりや提案を比較するだけで、水の購入費用はもちろん、契約期間や担当者対応、水質、電気代などについて比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「ウォーターサーバーを比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集