無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

ウォーターサーバーが災害時などの緊急事態に活躍

ウォーターサーバーを比較

比較jpは コピー機(複合機)ビジネスフォンパソコン・ノートパソコン購入パソコン修理データ復旧オフィス用品・事務用品レンタル機器・用品法人向けファイルサーバ・オンラインストレージウォーターサーバーLED照明防犯カメラ・監視カメラ自動販売機テレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム不用品回収家事代行ハウスクリーニングレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

災害時に活躍するウォーターサーバ

2011年に発生した東日本大震災はまだ記憶に新しいかと思います。被災地周辺では道路が通行できなくなり孤立無援の状態になった場所もあります。また、被災地から離れた場所でもスーパーマーケットやコンビニなどでは水や食料などの買い占めが起きました。

普段は水道から当たり前に出てくる水ですが、災害などの緊急時の事を考えると最低でも1週間分の水を備蓄しておく必要があります。

そもそも1日に何リットルの水が必要なのか

成人が1日に水を使う量は約2リットル以上と言われています。もちろんここには飲料水と使用分するだけでなく、トイレやお風呂などに使用する水も含まれていません。
しかし災害時などはトイレやお風呂に使う水よりも、飲料水や食事などに使用する水の確保が必要です。

成人男性1日何もせず、横になっているだけでも約2リットル以上の水分が体から出ていってしまうと言われています、さらに暑い夏や激しい運動を行うのであればそれ以上の水分を吸収する必要があります。つまり1日1人あたり最低3リットル以上、さらに小さいお子さんのいる家庭などではそれ以上の水を確保しておく必要があります。
例えば夫、妻、子供1人の家族では1週間の分で20リットル以上が必要となります。

災害時などの緊急時にはウォーターサーバが便利

万が一の災害に備えて非常食や水を保存しているご家庭も増えています。

しかし20リットルの水はペットボトルにすると約10本分です。それだけ大量の水を常に保存しておくには場所も手間もかかります。
開封していないペットボトルの水は2年ほど持つと言われていますが、2年おきに買い換える手間はもちろん、常に2年のごとの買い替えを意識しておくのは現実的ではありません。

そんな時活躍するのがウォーターサーバです。各種メーカーが販売しているウォーターサーバの多くは1つのボトルで10リットル前後のお水を保存しておくことができます。さらに本体内にも次のボトルを保管しておくことができる物もありますので保管場所に困ることはありません。

また普段から常に安心できれいな水が飲める上に、保存期間を気にする必要もありません。

特に小さいお子さんがいるご家庭では緊急時に備えてウォーターサーバの導入を検討してはいかがでしょうか?

ただし災害時用にウォーターサーバを導入するには注意が必要です。

ウォーターサーバの中には電気でモーターを動かすことでタンクから水を出すタイプのサーバーがあります。
そのため、電気を使用するタイプのサーバでは停電などにより電気が使えな場合には使用することができなくなってしまいますので注意が必要です。

PR:比較jpはウォーターサーバーに関する一括見積もり・資料請求ができる比較マッチングサイトです

比較jpはウォーターサーバーに関する要望などを一度ご入力いただくだけで、複数の業者に一括で見積もり依頼や資料請求が行える比較サイトです。
届いた見積もりや提案を比較するだけで、水の購入費用はもちろん、契約期間や担当者対応、水質、電気代などについて比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「ウォーターサーバーを比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集