無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

ウォーターサーバーを比較

比較jpは コピー機(複合機)ビジネスフォンパソコン・ノートパソコン購入パソコン修理データ復旧オフィス用品・事務用品レンタル機器・用品法人向けファイルサーバ・オンラインストレージウォーターサーバーLED照明防犯カメラ・監視カメラ自動販売機テレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム不用品回収家事代行ハウスクリーニングレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

ウォーターサーバー選ぶ際の5つの比較ポイント

年々普及率が増えてきている「ウォーターサーバー」、現在設置を検討中の方も少なくないのではないでしょうか?
しかし、いざ設置を検討してみると、どのウォーターサーバーを選べば良いのか悩んでしまいますよね。現在100社近くあると言われている、ウォーターサーバー業者、その中から1つを選ぶには、選び方のポイントをしっかり押さる事が大切になってきます。

ポイントその1 「目的・使用量を明確にする」

ウォーターサーバーを選ぶ上で、まず大切なのは、目的と使用量を明確にする事です。
「毎日美味しい水が飲みたい」
「赤ちゃんのミルクや離乳食に安全な水を使いたい」
「健康とダイエットのためにミネラルウォーターを毎日飲みたい」
など、ウォーターサーバーを設置する目的は様々です。
また、何人家族か、毎月どれだけの量の水を必要とするのかもハッキリさせておく必要があります。
ウォーターサーバーにはそれぞれ、容量や水の種類を含め特徴がありますので、比較・検討する前に目的と使用量などを明確にしておきましょう。

ポイントその2 「水の種類」

ウォーターサーバーの選び方で忘れてはならないポイントが「水の種類」です。各ウォーターサーバーで使用されている水の種類は異なります。
現在は主に以下の3種類がメインです。

①天然水
決められた採水地から地下水を採取し、「ろ過」や「加熱殺菌」などを行ったお水が天然水になります。
そのため地中にあった時に含まれていた不純物(ミネラルなど)を含んだ水になります。
採水地ごとに含まれる成分は異なり、それによって香りが味わいがかわってくるので「○○の水が飲みたい」と言うこだわりのある方に人気です。

②ミネラルウォーター
上記の天然水に含まれるミネラル分などを調整・処理したお水がミネラルウォーターになります。
ミネラルウォーターはさらに2種類に分類され、ミネラルの含有度が高ければ「硬水」、逆にミネラルの含有度が低ければ「軟水」となります。
ミネラルは体内バランスを整えるので、ダイエットに有効だと言われています。

③RO水
天然水もミネラルウォーターも、ミネラル分を始めとする不純物が含まれていますが、RO水はそれらの不純物を一切取り除いた状態のお水で、純水に限りなく近いため、ピュアウォーターとも呼ばれています。
特殊なろ過処置によってミネラルはもちろん細菌も取り除かれているため、赤ちゃんのミルクなどにも最適です。また、ミネラルがアトピーを悪化させる場合もある事から、アトピーを患っている方、身体が弱っていらっしゃる方にも向いていると言われています。

ポイントその3 「メンテナンス料」

ウォーターサーバーの選び方のポイントの中で忘れてはいけないのが「メンテナンス料」です。
メンテナンス料とはウォーターサーバー本体のクリーニングなどメンテナンスにかかる料金の事です。業者によってメンテナンス料がかからない所から、1回3000円~5000円と、設定金額は異なってきます。
また、最近はウォーターサーバーに自動洗浄などの機能が搭載されており、メンテナンスが不要な機種もでてきています。
つい月額費用やお水代にばかり目が行き、忘れがちなポイントなのでしっかりチェックしてみてください。

ポイントその4 「トータルコスト」

ウォーターサーバーの選び方で忘れてはならないのが「トータルコスト」です。
安さだけで決めてはいけませんが、毎月かかってくるトータルコストを正確に把握する事は大切です。
上記で記載したメンテナンス料やお水代はもちろんのこと。
「配送料」や「途中解約の場合の手数料」また次項で詳しくご説明させていただきますが「ノルマ」などによっても、かかってくるコストは違ってきます。
さらにはかかる電気代によってもコストは変動してきますので、ウォーターサーバーを選ぶ際はかかる費用(トータルコスト)で比較するようにしましょう。

ポイントその5 「ノルマと契約期間」

最後にもう一つ大切なポイントは「ノルマと契約期間」です。
「ノルマ」と言うのは、各ウォーターサーバー会社が設定している「一定期間内に○○本ボトルを注文しなければいけない」と言う決まりの事です。
大抵は一か月にボトル○本、と言う様に定められています。
ノルマの関しては、以下の3パターンが考えられます。
1.最初から一切ノルマが課せらない
2.月最低○本とノルマが設定されていても、注文の停止が行える
3.月最低○本と言うノルマが設定されており、注文のストップができない
一方「契約期間」は、一般的には1年と言う業者が多くみられますが、業者によっては期間は半年~3年と様々です。契約期間中に解約する場合は、違約金が発生したり、返却時の送料も負担する事になる場合もありますので、必ず契約前にしっかり確認してください。

PR:比較jpはウォーターサーバーに関する一括見積もり・資料請求ができる比較マッチングサイトです

比較jpはウォーターサーバーに関する要望などを一度ご入力いただくだけで、複数の業者に一括で見積もり依頼や資料請求が行える比較サイトです。
届いた見積もりや提案を比較するだけで、水の購入費用はもちろん、契約期間や担当者対応、水質、電気代などについて比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「ウォーターサーバーを比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集