無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

ウォーターサーバーを比較

比較jpは コピー機(複合機)ビジネスフォンパソコン・ノートパソコン購入パソコン修理データ復旧オフィス用品・事務用品レンタル機器・用品法人向けファイルサーバ・オンラインストレージウォーターサーバーLED照明防犯カメラ・監視カメラ自動販売機テレビ会議・WEB会議システムPOSレジ・POSシステム不用品回収家事代行ハウスクリーニングレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

赤ちゃんや子供のためのウォーターサーバー選び

赤ちゃんや胎児のために安全な水を生活で使いたいと思ったときに多くの人が利用するのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーを利用すると、熱湯と冷水を同時に使用することができるため、ぬるま湯もすぐに、簡単につくることができてとても便利です。
ミルクの温度は人肌程度で飲ませてあげるのが基本です。ウォーターサーバーを使えば、ミルクを作るときにも簡単に適した温度で飲ませてあげることができます。

しかし、最近ではウォーターサーバーも種類が増えて、どれを選んで良いかわからないですよね。
そこで、赤ちゃんや妊婦さんが安心して飲めるウォーターサーバーの選び方をご紹介します。
安心、安全の水を使って身体に優しいミルクを飲ませてあげましょう。

安全性の高い水を選ぶ

安全性の高い水と言っても、どこを確認すれば良いのか分かりません。
安全性の高い水を選ぶ際に、確認したいポイントを3つご紹介します。

採水された場所を表記しているものを選ぶ

どこで採水されたかわからない水は安全性に心配があります。
採水地が明記された水を選ぶようにしましょう。そして採水地に環境的な影響がないかどうかも確認しとくとより安心です。

放射性物質検査の有無を確認する

原発事故以来、気になるのが放射性物質の影響です。
特に影響を受けやすい赤ちゃん、胎児にとっては重要なポイントです。
定期的に検査がされているのかどうかは確認しておきたいところです。
また気になる人は、先ほど挙げた採水地で放射性物質に影響があるのかどうかもチェックしておきましょう。

ろ過された水を選ぶ

RO膜というフィルターを通してろ過された水のことを「RO水」と呼びます。
これによって放射性物質など不純物を取り除くことができます。
純水に近い水になるため、できるだけろ過された水を選びましょう。

硬水ではなく軟水を選ぶ

水は含まれるカルシウム、マグネシムによって硬度が変わります。
硬度が60度未満の水は軟水となります。つまり、硬水はミネラル分を多く含んだ水のことを言います。
ミネラル分を多く含んだ硬水は赤ちゃんにとって負担が大きく、お腹を壊して下痢をしてしまうことがあります。

特にマグネシウムを多く含んだ水は注意が必要です。
ミネラルなどを含んでいない水はピュアウォーターと表記されています。

弱アルカリ性の水を選ぶ

PHの値が低いと酸性、高いとアルカリ性になります。
中性がPH7になるため、それより低ければ酸性、高ければアルカリ性です。
PHとは水溶液の性質を表す単位のことです。

人間の血液は弱アルカリ性になるため、弱アルカリ性の水を選ぶことによって身体に近い成分の水分を摂取できることになります。
そのため弱アルカリ性の水を選ぶことによって、赤ちゃんや胎児の身体にも負担が少なく、優しい水なのです。

最後に

赤ちゃんの身体は80%が水分だと言われています。
そのため、赤ちゃんの身体にとって水分はそれだけ大切な役割を担っているのです。

もちろん栄養をとる主な方法は母乳やミルクからになります。「水」にこだわることが赤ちゃんの身体を守ることにもなるのです。しかし、ウォーターサーバーの間違った選び方をしてしまうと、余計なお金がかかってしまったり、手間がかかってしまったりすることになります。
ウォーターサーバーの正しい選び方を理解して、安心して水を摂取するようにしましょう。

PR:比較jpはウォーターサーバーに関する一括見積もり・資料請求ができる比較マッチングサイトです

比較jpはウォーターサーバーに関する要望などを一度ご入力いただくだけで、複数の業者に一括で見積もり依頼や資料請求が行える比較サイトです。
届いた見積もりや提案を比較するだけで、水の購入費用はもちろん、契約期間や担当者対応、水質、電気代などについて比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「ウォーターサーバーを比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集