無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

リフォーム会社・リノベーション費用を比較

比較jpは 引越し太陽光発電システム(ソーラーパネル)防犯カメラ・監視カメラ注文住宅リフォーム・リノベーション不動産の売却/査定家屋解体・建物解体畳・襖・網戸・障子の張替え害虫駆除 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

収納 リフォームの5つのポイント

限られた収納スペースで、なんとか収まり良いようにと一生懸命に考える、いわば収納に合わせて生活をされているなんてことはありませんか?
せっかく収納のリフォーム工事をしても、同じ構成の収納にリフォームしてしまっては失敗の原因です。失敗しない、便利な収納を作るにはどうすれば良いでしょうか。ポイントをまとめてみましょう。

ポイント1 キッチンの収納リフォームを考える

収納といえば寝室などにある壁面クローゼットやウォークインクローゼットを思い浮かべやすいですが、キッチンにも収納は必要です。
調理器具や電子レンジ、オーブンなどのどうにも折りたためない家電製品をはじめ、食材や調味料、食器や洗剤といった形や大きさ、用途にいたるまで様々な道具が集まっているのがキッチンです。毎日立つキッチンの収納リフォームを比較することはとても重要になってきます。
キッチンでは毎日なにかしらの仕事がありますので、リフォーム前にはどこに何を収納するかをしっかり検討しておくことが大切です。
また、収納のある場所にも気をつけてください。フライパンで炒め物をしている時に調味料の収納場所が遠ければとても不便です。行き当たりばったりでリフォームをしてしまうと失敗の原因になってしまいます。

ポイント2 キッチンの収納方法を比較

キッチンの収納方法にはいくつか種類があります。リフォームの際は是非比較してみてください。

・吊り戸棚
吊り戸棚とはデッドスペースになりがちな天井に近い上部の空間を有効活用できる収納方法ですが、性質上高い位置にあるため頻繁に使うものを収納するのには向きません。
リフォームの際に比較しておきたいのは、吊り戸棚が日常的な動作で利用できる高さに取り付けられるかのがポイントです。すこし費用はかかってしまいますが、電動で昇降する吊り戸棚もあるので比較してみてください。

・シンク下収納
シンク下の収納はスペースに高さもあるためリフォーム時に融通が利きやすいです。
よく見られるフライパンや鍋などの収納方法は単にそれらを積み重ねていることが多いですが、そのままだと使いづらいままです。
せっかくの収納リフォームのチャンスですので、棚やラック、引き出し収納などを比較し設置してみてはいかがでしょうか。

・床下収納
床下収納は床下の空間を利用して設置します。長期保存や常温保存の利く野菜や、食品のストック、大型の調味料などを収納しておくのに役立ちます。
新たに設置するリフォームをする場合、費用などがかかってしまいますが、床下にスペースがある場合は是非あるかないかでの利便性を比較してみてください。

・パントリー
パントリーとは、食品や食器などを置くための収納のことです。比較的奥行きが狭いスペースに、細かく棚を設置してパッと見渡せる形式のものが多いです。
壁面に対し垂直に棚を設置するので比較的工事費用も安いですし、是非比較してみてください。

ポイント3 リビングの収納リフォームを考える

そもそも収納とは量が入るだけではなく、いかに取り出しやすくてしまいやすいかが大切です。
収納する場所と使う場所が一体となっていると、片付けも楽になり出しっぱなしで散らかることも軽減されます。特にリビングは、家族が集まったり、お客さんを招いたりするスペースなので散らかりやすいです。リフォームの際にはリビングの収納も各種方法を比較してみてください。
リビングにはテレビやDVDやBD再生機、オーディオ、ゲーム機などが多くみられるのではないでしょうか。そういったハード物を使い勝手良く並べておける、またはしまっておける棚状の収納などはいかがでしょうか。使用しないときには扉で隠せるような収納もありますので是非比較検討をおすすめします。
リビングは小さなお子様からお年寄りまで家族みんなが利用しますので、収納をリフォームする際は、高さと奥行きの工夫をすることがポイントです。

ポイント4 部屋の収納リフォーム 壁面クローゼットを比較

キッチンやリビングの収納とは別に各部屋の収納は洋服類やかばん類をしまっておくことが多いです。スーツケースやお布団などの大物もあることでしょうし、多くの方は壁面に設置する壁面クローゼットと、収納専用の部屋であるウォークインクローゼットで悩むのではないでしょうか。リフォームの際に失敗がないよう、この二つのクローゼットを比較してみましょう。
壁面を利用して収納スペースを作る壁面クローゼットのメリットは、扉を開けると洋服などが横一列に並んでいるので、一目で洋服が選びやすいところです。また洋服を吊るしているという点では、狭い面積を有効に使うことができます。とにかくたくさんのお洋服をお持ちの方は壁面クローゼットで収納リフォームすることをおすすめします。

ポイント5 部屋の収納リフォーム ウォークインクローゼットを比較

壁面クローゼットの比較対象はウォークインクローゼットです。
ウォークインクローゼットは名前の通り、収納用の部屋を設置し中に歩いてはいる収納のことです。スペースがある分、雑多になりがちで管理を怠るとどこに何を収納したか分からなくなってしまうので注意です。
が、スペースがあるので、収納できる洋服類などの点数は、大きなスーツケースやお布団なども収納できる分、壁面クローゼットより上回り、生活スペースを広く保てます。

PR:比較jpはリフォームやリノベーションに関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpはリフォームやリノベーションの内容、予算などをご入力いただくだけで複数のリフォーム会社やリノベーション会社に一括見積もりを行うことができます。
届いた見積もりや提案などを比較することで、価格面はもちろん、提案内容や施工実績、アフターフォローなど様々な視点で業者を比較することができますので、条件に合った最適な業者を探すことができます。
もちろん一括見積もりは何度ご利用いただいても無料です。

詳しくは「リフォーム・リノベーション会社を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集