無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

使わなくなった洗濯機の処分方法

不用品回収業者・回収費用を比較

比較jpは 不用品回収家事代行ハウスクリーニングウォーターサーバーレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

洗濯機の処分方法

不要になった洗濯機の処分方法が分からなくて困ったという事はありませんか?

実は、洗濯機を粗大ごみとして捨てると法律に違反することになります。
洗濯器に限らず、テレビや冷蔵庫も同様に家電リサイクル法で処分方法は決められています。

処分の際に気をつけたいポイントと知っておきたい正しい処分方法をご紹介します。

販売店に引き取ってもらう

洗濯器を買い替える場合は新しく購入する販売店に引き取ってもらうことができます。
引き取りしてもらうためにはリサイクル料金と収集運搬料金がかかります。
料金はおよそ6,000円から7,000円ですが、販売店や運搬業者によって異なりますので事前に問い合わせするようにしましょう。
購入するする販売店には収集の義務があります。

主要メーカーの洗濯器のリサイクル料金は目安として2,592円と公表されています。
この金額に収集運搬料(およそ3,500円)が加算されますが、いずれも目安で販売店によって異なります。

買い替えではなく処分をしたい場合

その洗濯機を購入した販売店に引き取ってもらうことができます。
金額は買い替えの場合と同様に6,000円から7,000円ほどです。
過去に販売した店にも収集の義務があります。
購入した店を覚えていない場合や外国製の洗濯機の場合は家電リサイクル協力店や収集運搬許可業者に依頼することもできます。

収集運搬許可業者に依頼する場合

郵便局でリサイクル料金を支払い、リサイクル券を購入します。
そして、リサイクル券と一緒に製造メーカーの指定場所へ洗濯器を直接持っていくと処分することができます。
自分で持っていける場合は運搬料もかからないのでこの方法が便利です。(引き取りにきてもらう場合は別途運搬料金がかかります)
購入した販売店を覚えていない場合や近所で購入していない場合に利用されます。

オークションやリサイクルショップで売る

大きな金額になることは期待できませんが、良い状態で保てている場合はオークションやリサイクルショップで売ることもひとつの方法です。リサイクルショップによっては訪問査定をしてくれるところもあります。
値がつく場合もあれば、買い取ってもらえない場合、引き取り料金をとられる場合がありますが一度事前に検討してみることをお勧めします。

不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収として特定の場所に収集を促すケース、トラックなどで巡回してくるケースがあります。
巡回してくる業者に引き取ってもらえば、指定場所まで運ぶ必要がないので便利です。
洗濯器に限らず、回収してくれる品物の種類が多いというのもメリットです。

ただし、不用品回収は業者によっては違法な会社も存在するため、注意が必要です。
無料回収と謳いながら、高額なお金を請求されるケースもあります。また、回収した洗濯機を不法投棄する業者がいたり、廃棄物から出火する事故も起きているので慎重に利用する必要があります。
不法投棄が環境汚染として問題となっています。
ちゃんと許可を取っているのか、市からの委託で行っているのか、などきちんと確認するようにしましょう。

廃棄する場合

住んでいる市町村に確認した上で、正しい方法で廃棄しましょう。
洗濯器を分解して廃棄しても粗大ごみとしては扱われないので、不法投棄となります。

まとめ

引越しの際や買い替えの際に洗濯器だけでなく家電の処分方法って迷いますよね。
まだ継続して使用するのか、新しいものを買い替えるのか。
処分するのであれば、ルールを守り、正しい方法で処分をしないといけません。
お住まいの市町村のwebサイトを確認してみたり、直接問い合わせれば詳しく知ることができるので洗濯器の状態も確認してから処分方法を検討しましょう。

PR:比較jpは不用品回収に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは不用品回収に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
回収費用の比較はもちろん、保証、サービス内容、担当者の対応など回収業者を様々な面から比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「不用品回収業者を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集