不要になったテレビはどう処分すべきか

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

不要になったテレビの捨て方をご紹介します。

テレビの処分の仕方

不用品回収業者・回収費用を比較

比較jpは 不用品回収家事代行ハウスクリーニングウォーターサーバーレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

テレビが壊れてしまったり、古くなってしまい新しいものに買い替えを考えた場合、古くなったテレビをどうすればよいのかというのは頭を抱えるところです。

現在では薄型テレビが主流ですが、古いブラウン管テレビの場合は一人で運ぶのが困難な重さであったり、薄型であっても大型なテレビも増えていますので、簡単に捨てることができません。

家電リサイクル法がありますので、昔のように不燃ゴミや粗大ごみへ出すことができないという点も悩むポイントでしょう。

ここではこのテレビの処分法について、どのような方法があるのかをご紹介していきます。

自分で処分場まで持っていく


自分で処分場まで持っていく

テレビは重いですから女性や高齢者では難しく、男性の力でも運ぶことは大変です。

リサイクル料金はかかりますが、とにかく安く済ませたいという場合にはこの方法が一番です。

ちなみに、リサイクル料金はブラウン管、液晶、プラズマなどどのタイプでも小型(15型以下)では1.700円、大型(16型以上)では2.700円となります。

住んでいる市区町村のホームページなどに、テレビを処分したい場合の受け入れ先が案内されていますので、定められた処分場へと持っていきましょう。

この方法は体力や人手がある場合には良いですが、受け入れ業者が土日休みであったり、予めリサイクル料金を自分で調べ、郵便局でリサイクル料金を支払う必要があるなど手間もかかりますので、忙しい人には不向きな方法です。

購入店へ引き取りを依頼する


購入店へ引き取りを依頼する

処分を検討しているテレビを購入した店舗が近くにある場合には、購入店へ引き取りを依頼することができます。

購入店には店舗で販売をした家電を引き取る義務がありますので、引き受けはいつでも行ってもらえますが、リサイクル料金とは別に、処分場へ運搬するための運賃などがかかる場合があります。

この金額は小売店ごとに違いますので、あらかじめ調べておく必要があります。

また、新しいテレビを買った場合には設置の際に無料で引き取りをお願いできるケースが多いので、買い替えと同時に処分を考えるのでしたら、同じ購入店でテレビを購入することで運ぶ必要なく、処分費も抑えることができます。

一方で、処分のみですと購入店へ自分で持ち込む、もしくは集荷をお願いすることになります。

集荷についても、住まいの環境によって(エレベーターのないマンションや2階からの運び出し等)金額が大きく変わってきますので、場合によっては高額になってしまうケースもありますから注意が必要です。

回収業者に依頼をする


回収業者に依頼をする

テレビなど不要になった家電製品は専門の回収業者へ処分を依頼することもできます。

回収業者によっては集荷をお願いできる場合もありますので、近隣で回収してくれる業者を見つけることができれば大きなテレビを無理して運ぶ必要がなくなります。

ここで大切なのが回収業者選びです。

タウンページやインターネットなどで回収業者を調べると、無数に業者が出てきますが、回収費用には大きな差がありますので、安易に選択することなく、何社かを比較してみることが大切です。

比較的新しい薄型テレビでしたらどの業者も喜んで引き取ってくれますが、古いブラウン管のものになると逆に手数料が高くなってしまうケースも多くあります。

業者へテレビを郵送し、処分を行ってくれるような会社もあります。ただし大型テレビの場合はサイズオーバーとなり、一般的なヤマト宅急便、佐川急便では宅配できません。

このように処分費に加えサイズが大きなものになればなるほど費用がかさみますので、処分費と合わせていくらが必要なのかを確認しておきましょう。

引き取っておいて、不法投棄するなどの悪質な業者もありますので、依頼したい業者が一般廃棄物処理業の許可を得ているかを先に確認しておくと安心です。

ちなみに、大きな通り沿いで家電無料回収の看板を出している業者を見かけることも多いかと思いますが、いざテレビを持っていったところ、古い型式だからと処分費を取られてしまったという例もあります。

再び重たいテレビを持ち帰ることは大変ですので泣き寝入りしてしまうケースが多いようです。持ち込み前に本当に無料で回収してもらえるのかを確認してから足を運ぶようにしましょう。

さいごに

不要なテレビをできるだけ安く、手間なく処分できるための方法をいくつかご紹介しました。

リサイクルショップへ売るという方法もありますが、テレビは次々と新しいものが販売されていますので、ブラウン管テレビだけでなく、プラズマテレビや液晶テレビであってもよほど新しい、もしくは傷などがない状態でないと買取は厳しいのが現状なようです。

最近のテレビは長寿命ではありますが、いずれは買い替えが行われるものですので、処分の際には紹介したような方法を参考にしてみてください。

比較jpは不用品回収に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは不用品回収に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
回収費用の比較はもちろん、保証、サービス内容、担当者の対応など回収業者を様々な面から比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「不用品回収業者を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集