遺品整理に最適な時期と注意点について

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

遺品整理の時期と注意点

遺品整理に最適な時期と注意点

不用品回収業者・回収費用を比較

比較jpは 不用品回収家事代行ハウスクリーニングウォーターサーバーレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

遺品整理とは? そして、その時期は?


遺品整理とは? そして、その時期は?

遺品整理とは、亡くなられた方の遺品を整理、または処分することをいいます。

それは、故人が生前愛用していた品物かもしれませんし、捨てられずそのままに放置してあった古い家電製品かもしれません。

もちろん、写真などの思い出の品という可能性もあります。

基本的に遺品整理には期限はありませんが、いつまでもそのままの状態で放っておくわけにもいきません。

価値の有無に関わらず遺品整理は、遺族が必ず行わなければなりません。

しかし、実際は大切な家族を亡くされたショックにより精神的に気持ちの整理がつかなかったり、葬儀や告別式などの手配に奔走したりと、遺品整理にまで手が回らないのが現実です。

まずは、優先されるであろう事項を終わらせましょう。

法要や各種手続きなど、それらが終わって落ち着いたときが、遺産整理を始めるタイミングのひとつです。

最近では、遺品整理サービスを専門に扱う企業も増えてきています。

また、そのような遺品整理会社を比較できるインターネットサイトも見受けられます。

どうしても費用は掛かってしまいますが、遺品整理業者へ依頼する一番のメリットは、感情移入せずに遺品を整理してもらえるというポイントです。

遺品整理をしていると、数々の思い出の品々から故人との記憶が蘇り、どうしても感傷的になってしまい整理作業がまったく進まなくなってしまいます。

ひとつひとつを噛み締めながら遺品整理をすると言うこと自体は、非常に美しいことではありますが、親族全員が集まってそういった時間を作ることはほとんどの家庭では難しいのが現状です。

そういった問題を解消することができるのが遺品整理業者の強みでもあります。

近年、遺品整理業が増加しているその理由は、近年の少子高齢化や核家族化、経済格差などの拡大による利用者の急増にあるようです。

それと同時に、社会問題として取り立たされている孤独死がその背景となっているのも事実なのです。

人間は死後、自分自身で自らの遺品を整理すること、片付けることはできません。

そして、人が死ぬということには「遺品」が必ず残る、ということをわたしたちはまず心得ておかなくてはならないのです。

遺族が会するタイミングに合わせて


遺族が会するタイミングに合わせて

一般的に、忌明けに遺品整理をと考える方が主流と言われています。

しかし、親族のほとんどが普段仕事を持っているという理由もあり、四十九日法要や一周忌など、親族が一同に会するタイミング、時期で遺品整理を行う遺族も珍しくないようです。

遠方から訪れる親族の移動を考えた配慮なのかもしれません。

もちろん、宗教・宗派・地域によっても遺品整理の時期には違いがあります。

夫婦間においても男性側、女性側の仏式を比較し、事前に知識を備えておくことも必要かもしれません。

また、遺品整理会社に依頼する際にも、故人の親族が最低一名以上立ち会わなければならないというルールもあります。

後々、親族間でのトラブルを防ぐためにも親族が一同に会するタイミングに合わせて、故人の遺品整理をすることが望ましいのかもしれません。

遺品整理を急がなければならない時期や注意点について


遺品整理を急がなければならない時期や注意点について

遺品整理を行うにあたり、気にしなければならない注意点もあります。

その注意点とは、住居に関することです。

故人が持ち家で亡くなられた場合は、遺族が時間をかけじっくりと精査し、遺品を整理することも可能かもしれません。

しかし、賃貸物件で亡くなられた場合はどうでしょうか?

管理会社や大家さんとの契約内容にもよりますが大抵の場合、月が変わる時期に亡くなられた際には、翌月分の家賃を請求されるケースも大いに考えられます。

また、故人が、都営住宅や県営・市営住宅に住んでいた場合も同じように、死亡後定められた期間内に退去しなければ延滞料などの費用も発生してしまいます。

亡くなられた方を偲び、落ち着いた頃合いが遺品整理を始める時期ではありますが、限られたタイミングに応じて変化する必要な経費について比較することも、故人の遺品を整理をする上で必要となってきます。

相続税のプチポイント


相続税のプチポイント

遺品整理をする上で、賃貸物件借用時の注意点以外にも気をつけなければならないことがあります。

それは、相続税です。

相続税とは、故人の財産を相続人へと移転する機会に支払わなければならない税金のことであり、財産と判断されるもの全てが課税対象になります。

遺言や相続によって、一定額を超える財産を得ることになった者は、相続税の申告を必要とする場合があります。

なおその金額は、【3,000万円+(相続人の数)×600万円】とされ、この金額よりも相続する財産が多い場合、申告が必要となります。

現金は言うまでもなく、預貯金や不動産、自動車から貴金属に至るまで、民法にも整理すべき期限も決められており、相続開始から十カ月以内に申告・納税をしなければいけません。

もし、期限を超過してしまった場合には重加算税も発生し、相続人への経済的負担も大きくなってしまいます。

そして、遺品整理で最もトラブルが起こりやすい原因が、いわゆる財産に関する整理です。

「誰かが相談もなく持ち帰ってしまった」、「勝手に処分してしまった」などが後々、親族間でトラブルを招いてしまうこともあります。

近年では、その負担の大きさなどから、遺品整理を専門の業者へ依頼する家庭も増加しているということですがそれに比例するように、その掛かった費用の支払いに関して親族間で揉めてしまうといったケースも少なくないそうです。

故人の残した遺品で争い事が起きてしまうことは、故人の本望ではないということは、残った遺族なら誰しもが理解していると思います。

相続人同士がきちんと相談し、必要に応じて遺品整理専門業者を比較し、血で血を洗ってしまうような親族間での諍いを起こさないことが最も重要なのです。

比較jpは不用品回収に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは不用品回収に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
回収費用の比較はもちろん、保証、サービス内容、担当者の対応など回収業者を様々な面から比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「不用品回収業者を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集