無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

不用品回収業者・回収費用を比較

比較jpは 不用品回収家事代行ハウスクリーニングウォーターサーバーレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

なるほど!粗大ごみ回収業者を利用する5つのメリット

電話一本で回収に来てくれる

行政の粗大ごみ回収サービスを利用する場合、事前に申し込みが必要であったり、ごみ処理券のシールを購入しなければならなかったりと、何かと面倒な手続きが必要となります。行政と比較して、粗大ごみ回収業者を利用すれば、そのような作業は一切必要ありません。粗大ごみを廃棄したいと思ったら、電話一本で回収の依頼を行うことができます。
また、多くの粗大ごみ回収業者は無料で見積もりを行ってくれます。申し込みの際に口頭で廃棄したいものを伝えれば、費用の目安をその場で把握することもできます。また、いくつかの回収業者に見積もりを依頼して比較検討すれば、より費用をかけずに粗大ごみを廃棄することもできます。支払いも、回収作業を終えたその場で現金やクレジットカードで行うことができるので、面倒な後処理も必要ありません。特に、引っ越し等で別の場所に移る時などは、後日、支払いのために戻る必要もないので、とても便利です。

早ければその日のうちに回収に来てくれる

粗大ごみは大変かさばり、置いておく場所にも困るので、一日も早く処分してしまいたいものです。行政に粗大ごみの回収を申し込んだ場合、自治体にもよりますが、おおよそ1週間から2週間はかかるのが通常です。年末など混雑が予想される時期には、遅ければ3週間以上かかってしまうことも、少なくありません。転勤など緊急を要する引越しが発生した場合などは、行政に粗大ごみの回収を依頼していたのでは間に合いません。
行政の粗大ごみ回収サービスと比較して、粗大ごみ回収業者の場合、複数の回収用トラックを所有している事業者が多いので、早ければ申し込みをしたその日のうちに、回収に来てくれます。

都合に合わせて回収に来てくれる

行政の粗大ごみ回収サービスは、土曜日や日曜日、祝日、または年末年始といった休日には、粗大ごみの回収作業を行っていません。しかし、普段、仕事をされている方の場合、粗大ごみを捨てるためだけに平日に休みを取ることは難しいのが現状です。行政の粗大ごみ回収サービスと比較して、粗大ごみ回収業者は、予め回収の希望日時を指定することができます。もちろん、土日祝日など休日の回収作業にも対応してくれます。例えば、引っ越しの当日に粗大ごみを回収してもらうことも可能ですし、土日しか家にいることのできない方でも、安心して粗大ごみの回収を依頼することができます。

家の中まで回収に来てくれる

行政の粗大ごみ回収サービスを利用する場合、回収の当日、自宅前やマンションの入口などに粗大ごみを出しておく必要があります。大きな家具やかさばるごみ、重い家電などは、屋外に運び出すだけでも重労働となります。一軒家にお住いの方はもちろん、マンションにお住いの方にとってはより大変な作業です。一人暮らしの女性や、足腰の不自由な方、お年寄りなどにとっては、粗大ごみを屋外に運び出すこと自体が難しい場合もあります。行政の粗大ごみ回収サービスと比較して、粗大ごみ回収業者は、粗大ごみのあるその部屋まで引き取りに来てくれます。家の中はもちろん、マンションなど集合住宅の場合には共用部分の養生も行ってくれますので、傷を付けてしまう心配もありません。万が一、傷を付けてしまった場合には補償してくれる粗大ごみ回収業者もありますので、安心して依頼することができます。

どんなものでも回収に来てくれる

行政の粗大ごみ回収サービスには、捨てることのできない回収対象外の粗大ごみが多くあります。家電リサイクル対象品やパソコンリサイクル対象品の他、自動車、バイク、ピアノなども捨てることができません。灯油や薬品といった液体状の廃棄物も対象外ですし、業務用の粗大ごみも扱ってもらえません。しかし、粗大ごみ回収業者ならあらゆるものを回収してくれます。以下に、その一例をまとめます。

・リサイクル対象品

テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機も回収してくれます。

・パソコンリサイクル対象品

デスクトップパソコン、ノートパソコン、ディスプレイ、ディスプレイ一体型パソコンも回収してくれます。

・産業廃棄物

不法投棄が問題となっていますが、産業廃棄物管理表マニフェストを発行してくれる粗大ごみ回収業者もあります。

・業務用粗大ごみ

事務所の移転や配置換えの際に出たOA機器やオフィス家具、店舗の什器といった粗大ごみも回収してくれます。

その他、灯油や洗剤、薬品などの液体状の廃棄物や、まだ中身の入ったスプレー缶や空き缶、医療器具や動物など、粗大ごみ回収業者に相談すれば、回収できないものはほとんどありません。遺品回収の際、家を丸ごと整理してくれる粗大ごみ回収業者もあります。
また、粗大ごみ回収業者の中には、リユース・リサイクルできる粗大ごみの無料引き取りや買い取りなどを行っている事業者も多くありますので、まだ使えそうなものは無料で処分できることもあります。

PR:比較jpは不用品回収に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは不用品回収に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
回収費用の比較はもちろん、保証、サービス内容、担当者の対応など回収業者を様々な面から比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「不用品回収業者を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集