不用品の回収は市区町村と回収業者どちらがお得か?

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

市区町村に回収してもらう場合と不用品回収業者へ依頼するメリットとデメリットをご紹介

市区町村と不用品回収業者の回収どっちがお得か?

不用品回収業者・回収費用を比較

比較jpは 不用品回収家事代行ハウスクリーニングウォーターサーバーレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

使わなくなった家具や壊れて使えなくなった家電など不用品や粗大ごみを捨てる機会は意外とあります。

そんな時、市区町村に頼むのか、それとも回収業者へ依頼するのか悩むことがありますが、それぞれの違いをご紹介します。

回収費用で比較

結論から先に言うと、市区町村に不用品の回収を依頼した場合の方がお得な場合が多いです。

理由としましては、不用品の回収業者は、人件費や回収車の購入、ガソリン代をすべて自社でまかなっていますが、市区町村は、回収費用の一部を市民税や区民税などで補われている場合が多くあるため安くなります。

ただし、最近はパソコンやノートパソコンなら無料で引き取ってくれる業者や中古品としてまだ使えるものなら買取ってくれる業者も増えています。

処分できるもので比較

回収費用が安くすむ市区町村にもデメリットがあります。それは回収できるものに制限があります。
一例になりますが、エアコンやテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、パソコン、ノートパソコンなどは家電リサイクル法や資源有効利用促進法により市区町村では回収することができません。

テレビや冷蔵庫は家電リサイクル法によりリサイクルすることが義務付けられているため販売店に回収して貰う必要があります。一方パソコンやノートパソコンは、資源有効利用促進法によりメーカー等に回収して貰う必要があります。

しかし不用品回収業者の場合はテレビや冷蔵庫をはじめパソコンなどでも、基本的にほとんどの不用品を回収してもらえます。
※発火する危険のある物や有害物などは回収してもらえない場合があります。

また、パソコンなど個人情報を含め他人には見られたくないデータなどを回収業者が依頼者に変わりに完全に消去するサービスを行っている回収業者も多数存在しています。

回収してもらう手間やサービスで比較

支払い方法で比較

市区町村の場合は、コンビニで指定された枚数の回収券を購入し不用品に貼り付けます。回収業者の場合は、回収業者が引取にきた際に手渡しします。最近はクレジットカードでの支払いが可能な業者も多数います。

回収場所

回収業者の場合は、依頼者が指定した場所まで回収業者が取りに来てくれるので部屋まで取りに来てもらうことも可能ですし、家の前で待ち合わせをして回収してもらうことも可能です。
一方、市区町村の場合には、マンション前など指定された場所へご自分で運び出す必要があります。基本的には大きな家具なども自分で家の前まで運びださなければなりません。

回収時間

回収業者の場合は、依頼者の好きな時間に回収を依頼できます。仕事で夜遅い場合でも深夜まで対応してくれる業者が多数あります。
一方市区町村の場合には、午前8時~夕方4時ぐらいの間に回収にきます。基本的には時間の指定をすることができないため、マンションなどにお住まいの方は、管理人に許可を取る必要があります。あまり早く出しておくことができない場合もありますので、回収場所へ置く場合はマンションの管理会社へ報告しておくことをおすすめします。

回収スピード

回収スピードについては、混雑状況によって変わるためどちらが確実に早いとは言えませんが、市区町村の場合は依頼日から1週間~2週間程度です。
回収業者の場合は最短即日に回収してくれますが混雑状況によっては同じく1週間~2週間程度かかってしまう場合もございます。

回収エリア

市区町村の場合は、お住まいの市区町村であればどこでも回収してくれますが、回収業者の場合は、その回収業者が対応しているエリアのみになります。また、遠方になる場合は別途出張費用が発生する場合もあります。

PR:比較jpは不用品回収に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは不用品回収に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
回収費用の比較はもちろん、保証、サービス内容、担当者の対応など回収業者を様々な面から比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「不用品回収業者を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集