無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

不用品の回収を格安・激安にする8つのポイントについて

不用品回収業者・回収費用を比較

比較jpは 不用品回収家事代行ハウスクリーニングウォーターサーバーレンタル携帯電話・レンタルWiFi便利屋貸切バス探偵事務所・興信所 など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

不用品を格安・激安で回収してもらう8つのポイント

不用品を1階に出しておくこと

不用品の回収を格安・激安にするためには、不用品をあらかじめ1階に運んでおくことが一つのポイントになります。1階に不用品をまとめておけば、回収業者の作業がスムーズに進みます。作業がスムーズに進めば、その分だけ回収費用も安くなる傾向があります。例えば、2階以上の階から不用品を回収してもらう場合は、1階への搬出作業費として別途料金などがかかる場合があります。一方、あらかじめ1階に運んでおけば2階以上の階からの搬出作業費もかからず、料金も比較的安くなります。

大きい家具は事前に解体しておくこと

大きい家具をあらかじめ解体しておくことも、不用品の回収を格安・激安にするための方法になります。大型の家具は小型の家具と比較して搬出が困難なため、解体作業を行ってから運び出す場合があります。ベッドやタンスなどがその例です。大型の家具の回収をそのまま回収業者に任せると、解体が必要になった場合に回収業者が解体作業を行うことになり、その分だけ費用が多くかかります。大型の家具をあらかじめ解体しておけば、回収業者の作業も少なくなり、費用が安くなることにつながります。

まとめて回収を依頼すること

不用品の回収をまとめて依頼することも、費用を格安・激安にするための方法です。
不用品の回収費用の中には、回収業者の作業費用のほか、移動費用、ガソリン代などが含まれています。不用品の回収を一品ずつ依頼すると、何回かに分けて回収を行ってもらうことになりますが、その都度移動費用などが余分にかかります。一方で、一回でまとめて回収してもらう場合は、一度の移動費用で済ませられるため、数回に分けて依頼する場合と比較して格安・激安になります。

回収時に回収業者の作業のお手伝いをすること

不用品の回収によっては、回収業者のスタッフが多くなる場合もあります。例えば、回収時に一人で持ち運ぶことができない大型の家具などがあれば、何人かのスタッフが必要になります。そして、スタッフの数が多ければ多いほど、少ない場合と比較して回収費用も高くなる傾向があります。ここで、回収業者の搬出作業のお手伝いをすれば、回収業者も人員を削減することができます。必要なスタッフが少なくなるため、不用品の回収費用を格安・激安にすることにつながります。

不用品の買取を同時に行ってもらうこと

不用品の回収業者によっては、不用品の買い取りをしてもらえる場合もあります。不用品の中にはまだ使用できるものもあるため、買い取ってもらえればその分だけ回収費用を安くすることができます。買取と合わせれば不用品の回収費用が無料になる場合や、回収費用と比較して買取額の方が高ければ、その差額を支払ってもらえる場合もあります。不用品の回収を格安・激安にするため、不用品回収業者を比較する際に買い取りができるかどうかもチェックしてみましょう。

回収の日程に余裕を持たせること

不用品の回収の日程に余裕を持たせることも、不用品の回収を格安・激安にするための方法になります。
回収業者が不用品の回収をする場合、一日のうちに何件かを訪問して回収を行うことも考えられます。回収業者としては、訪問先をいくつか回る時間があれば、一日のうちにまとめて回収した方が効率的になります。一方で、訪問先ごとに何回かに分けて回収を行うことになれば、移動費用や手間が多くかかるため、回収費用も高くなる傾向があります。
不用品の回収を依頼する際に、日程や日時に余裕があれば、近くで別の回収の依頼があった場合に回収業者が同時に回収しやすくなります。一日のうちにまとめて回収できれば、手間や移動費用も比較的抑えられるため、回収費用を格安・激安にすることにつながります。回収の日程や日時は、あらかじめ余裕をもって設定しておきましょう。

現金で支払うこと

不用品の回収費用の支払いは、クレジットカードなどで支払うより現金で支払いをした方が格安・激安になる場合があります。
不用品の回収業者の中でも、クレジットカードなどで支払うことができる業者が増えています。クレジットカード払いは現金での支払いと比較して手間がかからず便利なこともありますが、カード手数料が上乗せされることになります。現金での支払いはこのような手数料がかからないため、費用が安くなる場合があります。

近くにある回収業者へ見積もりを行うこと

不用品の回収では、回収業者の移動時間や手間がかかるだけ費用も高くなる傾向にあります。例えば、回収業者から訪問先への移動時間が多くなれば、それだけ手間もかかり移動費用も上がることになります。一方で、回収地と回収業者が近くにあれば、移動時間も少なく手間も少なくなるため、費用を安く抑えることができます。不用品の回収を格安・激安にするためにも、回収業者を比較する際には、なるべく近くにある回収業者に対して見積もりを行うようにしましょう。

PR:比較jpは不用品回収に関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは不用品回収に関する要望などを一度ご入力いただくだけで複数の業者に一括で見積もり依頼を行うことができます。
回収費用の比較はもちろん、保証、サービス内容、担当者の対応など回収業者を様々な面から比較することができます。
もちろん見積もり依頼は何度ご利用いただいても無料!

詳しくは「不用品回収業者を比較」のページにてご確認いただけます。

一括見積もり・一括資料請求
無料登録会社募集