無料で比較できる一括見積もりサイトの比較jp

  • 比較jp
  • 比較jpとは
  • 無料登録会社募集

コールセンター(アウトバウンド)を比較

比較jpは 電話代行・秘書代行営業代行・テレアポ代行コールセンター・テレマーケティング(インバウンド)コールセンター・テレマーケティング(アウトバウンド) など様々なカテゴリーに関してかんたんに比べることのできる比較サイトです。最短3分程度の入力で複数の業者に一括見積もり・一括資料請求が行えます。激安・格安など費用の比較はもちろん、サービス内容や担当者の対応などでも比較することが可能です。

アウトバウンドコールセンターを選ぶ7つの比較ポイント

既存顧客や新規顧客へ電話営業やアポイント業務を行いたい場合、自社にコールセンターを設置したりアポインターを新たに雇用するのではなく、アウトバウンド専門(アポインター)のコールセンターに依頼するのはいかかでしょうか。比較jpでは、アウトバウンド対応のコールセンターを探すにあたってのポイントや選び方を比較してみましたので、是非、参考にしてみてください。

ポイント1:得意分野

電話でのアポイント業務を行う際、電話先の相手が既存の顧客なのか、新規なのか、によって電話の掛け方やアポイントの手法が大きく異なり、また、取り扱う商品など案内内容によってもアポイントの手法は様々です。アポイントを代行しているアウトバウンド専門のコールセンターであっても得意としている分野が存在しています。コールセンターにアウトバウンド業務を依頼する際は、依頼内容を得意としているコールセンターや依頼内容と過去の類似実績などを比較しながら選ぶようにしてみてください。

ポイント2:アポイント方法

コールセンターを選ぶ上で、アポイント方法や手法は最も気をつけるべき重要なポイントです。アポイントを獲得することが先行してしまい、訪問の趣旨などが一切伝わっていない単にアポイントをとっただけの場合や比較的強引な売り込みにより企業イメージを悪くしてしまう場合もあるからです。その為、コールスタッフが行っているアポイント方法について、マニュアル通りに実施されているかどうか、コールセンターがどのように管理しているのかを確認するようにしてみてください。

ポイント3:料金体系

アウトバウンドのコールセンターの料金体系については、大きく分けて二つあり、成果報酬型とコール課金型とあります。成果報酬型はアポイント件数に単価を掛けたもので、コール課金型はコール件数に単価を掛けたものになります。成果報酬であれば初期にかかる費用や、無駄な費用を抑えることも可能です。しかし商材などによっては取り扱ってもえらない場合があったり、取り扱ってもらうことができても成果が出せないと判断されると貴社の商材に対してアポイントをとる人員を減らされてしまう場合があります。一方コール課金は仮に成果が上がらなくても費用が発生してしまいますが、テレアポ業者側のリスクが比較的少ないため格安で利用することが可能です。アウトバウンドを依頼する際は商材に最適な料金体系のコールセンターを選ぶようにしてみてください。

ポイント4:オペレーターの管理体制

アポインターへの管理体制がどのように行われているかも確認して比較する事をお勧めします。アウトバウンドのコールセンター業務は、アポインターの技術やテクニックによって成果は大きく変動します。そのためアポイントを獲得する為の研修が行われているか、アポイントをとるスタッフのコールセンター歴なども確認するようにしてみてください。

ポイント5:コールセンターの品質管理

アウトバウンドのコールセンターでは、アポイント効率を向上させる為に、オペレーターが商品について正確に理解をしているか、マニュアルに沿った話し方ができているかどうか、などのコールモニタリングを行っている会社や、アポイントの獲得率や顧客満足度などの調査を行っているコールセンターが多くあります。これらの管理によって、より効率的にアポイントの獲得へと繋がっていると言えます。コールセンターに依頼する際には、コールセンターが行っている品質管理への取り組みなどについても確認して比較ようにしてみてください。

ポイント6:柔軟な対応力

効率良くアポイントを獲得する為には、柔軟な営業活動が必要と言えます。商品によっては、夕方や土日の時間帯を狙って電話を掛けた方が良い場合もあり、希望する時間帯の営業活動が可能かどうか、また、商品の改訂によって案内内容に変更が生じた場合に対応が可能かどうかも確認が必要です。さらに、アウトバウンドの場合は、留守などで相手に繋がらなかった場合に、再コールを何回まで行ってくれるのかも確認する必要があります。コールセンターを選ぶ際には、アポイント獲得に向けた柔軟な対応力も比較しながら決めるようにしてみてください。

ポイント7:報告方法

アウトバウンドのコールセンターの場合、アポイントの獲得ができた場合に、どのような方法とタイミングで報告がされるのかも業者選びの際には確認が必要です。特にアポイント獲得後に、会社の担当営業マンから繰り返し連絡する必要がある場合などは、少しでも早い報告が欲しいはずです。

最後に

アウトバウンドのコールセンターを選ぶポイントとして、
① 得意分野
② アポイント方法
③ 料金体系
④ オペレーターの管理体制
⑤ コールセンターの品質管理
⑥ 柔軟な対応力
⑦ 報告方法
という7つのポイントを紹介しました。
アウトバウンドのコールセンターを選ぶ際には、企業イメージを損なわないようにアポイントを獲得する必要がりますので、コールセンターを選ぶ際には、業者の対応力やアポインターの品質管理に重点を置いて探すようにしてみてください。

PR:比較jpはコールセンターに関する一括見積もりの比較サイトです

比較jpは依頼したい内容や架電の予想件数などをご入力いただくだけで複数のコールセンターに一括で見積もり依頼が行える比較サイトです。
届いた見積もりや提案を比較するだけで貴社の条件に合ったアウトバウンド型のコールセンターを見つけることが可能です。
もちろん一括見積もり依頼は無料でご利用いただけます。

詳しくは「コールセンター(アウトバウンド)を比較」のページにてご確認いただけます。

コールセンター(アウトバウンド)に関するコラム